露の軍用犬高度4000メートルから大空へ 「全く取り乱さず」将来的には8000メートル目標に

拡大画像を見る

ロシア国防省が運営する国営テレビチャンネル「Zvezda」によると、今回の映像は軍事・救護活動のために出動する軍用犬が戦闘地域等に上空から着地できるかどうかのテストを行った際に撮影されたものだという。

公開された映像には、口輪をした軍用犬が専用のベストを着て隊員とペアになり、小型の飛行機に乗り込む姿が映っている。高度13000フィート(約4000メートル)まで飛行している間、犬はペアの隊員に撫でられながら外の様子を窓から覗いており、大人しい様子を見せていた。

そして隊員と犬がハーネスで繋がったまま開いた扉に立つと、ジャンプして大空へ飛び出した。犬は落下中も暴れる様子はなく着陸後も隊員の隣で大人しくお座りをしている。今回軍用犬とともにテストを行ったアンドレイ・トポルコフさん(Andrey Toporkov)は「同様のテストを既に8回終えている」と明かし、このように語った。

「機内で犬は窓から雲を眺めていましたよ。飛び降りるためのハッチが開くと、強い風が吹き込み大きな音もなりますが、ハンドラーのおかげで犬は取り乱すことはありません。」

「事前にエサをあげたり撫でたりして犬と信頼関係を築くことで、犬もハンドラーを信頼して問題なく飛び降りることができるのです。そしてハンドラーも怖がってはいけません。犬がハンドラーの恐怖を感じ取ってしまうからです。」

「落下中は左右に旋回しながらも下を見て地面を確認しており、地面を捉えるために足を動かしていますよ。」

この訓練を行えば、飛行機やヘリコプターが着陸できない場所でも軍用犬を配備することが可能になる。そのために犬専用の特殊なハーネスも開発されており、製造工場へ視察に訪れたプーチン大統領の姿も報道されている。

今回のプロジェクトを行っている、民間航空向けの製品を開発するロシア企業「Technodinamika」は今月6日、介助犬用のパラシュートシステムの国家試験を年内に終了し、早ければ来年にはロシア国防省へ導入することを発表した。

プロジェクトのチーフデザイナーであるアレクセイ・コジンさん(Alexey Kozin)は「このシステムはロシアで初めて開発されたもので、他に例はありません。体重45キロまでの犬を高度4000メートルの高さから、隊員と共に落下できるように設計されています。」

「これまでのテストで変則的な不具合が起こったことは無く、どのテストでも今後に影響するような気になる結果が起きたこともありません。犬は落下中も適切な行動を取っており、着陸後に行うタスクへの準備ができています」とテストの詳細を話す。

このパラシュートシステムは、今年8月に開催予定の国際軍事技術フォーラム「Army-2021」に出展し、詳細を公表するという。

同プロジェクトは現在も進行中で、アレクセイさんは「高度26000フィート(約8000メートル)の高さからの落下するための研究を続けていますが、その場合は酸素供給も必要になってきます。そのため現在は特殊な酸素供給装置を作っています」と試行錯誤を重ねていることを明かした。

画像は『The Sun 2021年7月6日付「PARA-POOCH JUMP Crazy video shows Vladimir Putin’s war dogs parachute into battle from 13,000ft strapped to Russian soldiers」(Credit: East2West)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 7/9 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます