天空ホテルステイからラグジュアリーBBQまで!東京の夏を遊びつくすアイデア9選!

ビーチやキャンプへと遠出が難しい今こそ、いつだって驚きがある東京を遊び尽くしたい。

今年の夏もアクティビティが目白押しなこの街。

思わずビールが飲みたくなる“9つのこと”を、厳選してお届けしよう!



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

1.豊洲に出現した“ビーチ”で、ラグジュアリーなBBQを楽しもう! 「THE BBQ BEACH in TOYOSU」


「海辺でBBQ」が都内で気軽に叶う、「THE BBQ BEACH in TOYOSU」。

敷地内には白砂を敷き詰めた“ビーチ”があり、東京湾を一望できるオーシャンビューシートを選べば、ソファでゆったりとBBQが楽しめる。


食材は持ち込むこともできるが、ここでは豊洲市場の隣という地の利を活かした「豪華豊洲市場贅沢盛り」7,370円(プレミアム飲み放題、座席代含む)を頼みたい。

新鮮なホタテやタラバガニは、ビールとの相性も抜群。これからのBBQは、手ぶらの方が楽しめる!


■施設概要
住所:江東区豊洲6-5
営業時間:【月~金】12:00~16:00/18:00~22:00
     【土】10:00~13:00/14:30~17:30/19:00~22:00
     【日・祝】11:00~14:00/16:00~19:00
定休日:不定休
席数:1,020席
URL:https://digiq.jp/toyosup/

2.プライベート貸し切りで、東京湾クルーズへ行こう! 「エドベンチャークルーズ」


夏の海にクルーザーで繰り出し、ビールを味わう。そんな最高のシチュエーションは「エドベンチャークルーズ」で実現したい。

クルーズ船を船長ごと貸し切って、一艘80分55,000円~。


料理もドリンクも好きなものが持ち込めることに加え、行き先の相談にも乗ってくれるから、お台場にある五輪マークのライトアップを観に行くなんていう今しかできない体験も。

今年限りのスペシャルビューを船上から眺めれば、この上ない優越感に浸れるだろう。


■概要
乗船場所:日本橋、勝どきのいずれか
TEL:03-6869-9806
営業時間:10:00~21:50
URL:http://www.edoventure-cruise.com

3.神田のお洒落サウナで、気分を上げよう! 「サウナラボ神田」


“サウナ界のゴッドファーザー”こと米田行孝さんが手がけ、早くも話題の「サウナラボ神田」。

木材をふんだんに使用した店内では、フィンランドから厳選したサウナグッズも販売され、従来とは一線を画すセンスが漂う。


肝心のサウナは、男性用に部屋を桶のように丸くした「OKEサウナ」、女性用に水盤が張られた「IKEサウナ」を設置。そして、水風呂代わりに‒25℃の「アイスサウナ」!

ととのった後、フィンランドビール「ラピンクルタ」をロビーで飲めば、爽快感MAXに!


■施設概要
住所:千代田区神田錦町3-9 B1F
営業時間:11:00~21:00(90分間の完全予約制)
定休日:不定休
URL:http://saunalab.jp/kanda/

4.渋谷のルーフトップバーで、“足水”しながら夜景を楽しもう! 『SOAK』


『SOAK』は、渋谷区立宮下公園に昨年誕生したホテル「sequence MIYASHITA PARK」の最上階に位置するエンターテインメント・レストラン。

独創的な料理に合わせてBGMを変えるミュージック・ペアリングなど、様々な試みでサプライズを提供する。


最も驚くべきスペースといえるのが、併設されるルーフトップテラス『OYU』だ。

そこには10mほどの水を張った空間が広がり、この時期は“足水”で涼みながら渋谷の夜景とビールを満喫できる。

プール、天空のホテル、最新スパ…今夏やるべきことは、まだまだ続く!

5.アーバンリゾートを極めた、都心の高層階ホテルを満喫しよう! 「フォーシーズンズホテル東京大手町」


客室すべてが34階以上にあり、天空から街を見下ろす非日常が体験できる「フォーシーズンズホテル東京大手町」。

南国リゾートにあるようなベッドで寛げる最上階の温水プールは、宿泊したなら外せないファシリティで、プールに浮かびながら東京のパノラマを見晴らせる。


同じく39階にあるイタリアン『PIGNETO(ピニェート)』のルーフトップテラスで、夕陽を眺めながらビールと釜焼きピッツァを堪能すれば、忙しい日々からの心身のリセットが見事に叶う。


■施設概要
住所:千代田区大手町1-2-1
TEL:03-6810-0600
部屋数:190室
料金:1室 94,875円~

6.個性派クラフトビールを、“量り売り”で持って帰ろう! 『TAP & CROWLER』


ビールの新潮流として、最近話題の量り売り。

専用容器に好みのビールを充填してもらって持ち帰るアメリカでは一般的なシステムで、都内でも採用する店が増えている。

渋谷の『TAP & CROWLER』は、“クラウラー”と呼ばれるアルミ缶容器での量り売りを提案する注目店だ。


国産クラフトビールを中心に、常時22タップほどをそろえている同店。

こだわりの一杯は店内でも楽しめるが、ぜひテイクアウトして家で楽しもう!

7.野球と花火を堪能できる、神宮のプレミアムシートを確保しよう! 「明治神宮野球場」


今年創建95周年を迎える「明治神宮野球場」。東京ヤクルトスワローズの主催試合では、夏休みの期間中、毎年数試合を「花火ナイター」と銘打って約300発の花火が打ち上げられる。

そんな特別な夜を堪能するには、一般席に比べて広々としたスペースを誇る「プレミアムシート」12,000円~(2名)がおすすめ。

カップホルダー付きの専有テーブルが備わる点も魅力で、心ゆくまでビールを楽しめるのだ。


■施設概要
住所:新宿区霞ヶ丘町3-1
URL:https://www.yakult-swallows.co.jp/

8.大自然に囲まれたプールで、このうえない開放感に浸ろう! 「SORANO HOTEL」


立川の「SORANO HOTEL」に到着すると、エントランスでまず目に飛び込んでくるのが、ホテルに隣接する緑豊かな「国営昭和記念公園」。

その景色は、一瞬で忙しい日常を忘れさせ、まるで大自然を旅しているかのような心地よい錯覚に陥る。


独自に採掘した温泉水を使用するインフィニティプールは全長60mで、限りなく空に近づくその開放感は圧巻。

隣接するルーフトップバーで、ビールを飲みながら水平線に沈む夕陽を望めば、最良のヒーリングタイムとなる。


■施設概要
住所:立川市緑町3-1 W1
TEL:042-540-7777
部屋数:81室
料金:1室2名朝食付き 46,915円~

9.ベイエリアに佇む隠れ家の最新スパで、デトックスしよう! 「東京ベイ潮見プリンスホテル」


東京駅から3駅と好アクセスながら、運河に囲まれた孤島に佇む「東京ベイ潮見プリンスホテル」。

都内最大級の大浴場も備えたおこもりにもってこいの隠れ家が、デトックスを体験できる期間限定宿泊プランを発売中。

フランスの老舗スパブランド「THALGO」とコラボしており、海洋成分を用いたトリートメントで肌の状態を整え、発酵ドリンクを使ったブランチで腸内環境もリセット。

浄化した後に飲むビールは格別だ。


■施設概要
住所:江東区潮見2-8-16
TEL:03-6660-3222
部屋数:605室
料金:1室 26,500円(SHIOMI Cleanse Stay)


▶このほか:【東京テラス完全版②】絶景×ビールを、スタイリッシュに楽しめる人気店11選

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/9 5:02
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます