堤真一&竹内涼真&杏出演の『鹿の王』でmiletが主題歌担当、予告編も

拡大画像を見る

2015年度本屋大賞、日本医療小説大賞をW受賞し、シリーズ累計230万部を突破した上橋菜穂子のベストセラー巨編をアニメーション映画化した『鹿の王 ユナと約束の旅』の主題歌を、シンガーソングライターのmiletが担当することが決定。新予告映像とビジュアルも到着した。



今回主題歌を担当するmiletさんは、2019年、「ONE OK ROCK」のToruプロデュースによる「inside you」でメジャーデビュー。昨年末にはデビューから僅か1年半というスピードで紅白歌合戦に初出演した。そんないま注目のmiletさんが、本作のために新曲「One Reason」を書き下ろした。

miletさんはこの新曲について「主題歌のお話しをいただき、小説・台本を読み、言葉たちから伝わる静かな森の匂いや温度を生々しく感じながら書き進めました。困難に立ち向かう小さな命たちが繋がり、一度きりの人生の中で大きな愛を生み出します。やはり、人間はあたたかい生き物なのです。そんなメッセージを抱きしめ、深い森を泳ぎ進むように歌わせていただきました」とコメントし、「ぜひ『鹿の王』の世界と一緒に主題歌『One Reason』も一緒に楽しんでいただけたら幸いです」と話している。

そしてあわせて公開された予告編では「One Reason」の一部を聞くことができる。また、堤真一が主人公の孤独な戦士ヴァン、竹内涼真がもう一人の主人公で天才医師ホッサル、杏がヴァンを追う謎の女戦士サエと、豪華俳優がキャラクターの声を担当する本作。映像では、主要人物たちの声も公開されている。


また新ビジュアルは、安藤雅司監督が描いたティザービジュアルをコンセプトに作成。過酷な運命に立ち向かう力強さとユナを守る志を背中で語るヴァン、一筋の希望という光を与えるユナ…。4人の旅路が描かれている。


『鹿の王 ユナと約束の旅』は9月10日(金)より全国にて公開。

(cinemacafe.net)


■関連作品:
鹿の王 ユナと約束の旅 2021年9月10日より全国にて公開
©2021「鹿の王」製作委員会

関連リンク

  • 7/9 5:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます