お寺でアウトドアワーケーション!京都・亀岡の神蔵寺に「SUN神蔵寺」がオープン


日商社、TAM、ぼ~っとProjectが、7月22日(木・祝)、京都・亀岡の神蔵寺の境内に、アウトドアワーケーション「SUN神蔵寺」をオープン!7月8日(木)より申込受付をスタートしている。

1200年の歴史がある神蔵寺


神蔵寺は、延暦元年(782年)に最澄が開基道場を開いたことが始まりとされ、1200年の歴史を秘めている。

境内には国指定重要文化財 薬師如来 坐像があり、西国薬師霊場第四十三番札所となっており、秋には多くの人が訪れる美しい紅葉の名所だ。

クリエイティブで自由な働き方が出来る場所


今回オープンする「SUN神蔵寺」は、京都 亀岡にある神蔵寺の敷地内で、自然を楽しみながら仕事ができるアウトドアワーケーションスペース。


SUN(太陽)・参・賛・山・産…など、人が出会い、参加し、賛同し、交わることで新たなものやコトを産み出す場所として「SUN神蔵寺」と名付けられた。


開放的な空間で集中して作業したり、考え事をしたり、焚き火を囲んで交流したり、時には座禅会に参加したりと、クリエイティブで自由な働き方ができる。

施設の詳細

「SUN神蔵寺」はデイキャンプのみで、利用には公式サイトからの事前申込が必要。施設利用料金は1日2,500円(税込)、3歳以下は無料だ。

備品レンタルは無料で、利用当日の先着順となる。

コロナ禍で働き方の変化が起こり、心身共に疲れを感じる人も増えている昨今。お寺という場所で、自然を楽しみながら仕事に取り組んでみては。

座禅体験や工芸体験も開催


なお、7月22日(木・祝)~24日(土)には、神蔵寺副住職による「座禅体験」1,500円(税込)や、亀岡の竹細工職人・真下彰宏さんによる「工芸体験」2,500円(税込)をオープニング企画として開催。

いずれも事前申込が必要となる。詳細は「SUN神蔵寺」公式サイトの予約ページをチェックしてみて。

■神蔵寺
住所:京都府亀岡市ひえ田野町佐伯岩谷ノ内院ノ芝60

画像をもっと見る

  • 7/8 17:21
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます