古田新太「思いっきり汚いものを見せる」新作ミュージカル「衛生」

拡大画像を見る

 俳優の古田新太(55)が8日、東京・TBS赤坂ACTシアターで「ミュージカル『衛生』~リズム&バキューム~」(9~25日)の公開ゲネプロを、ダブル主演の尾上右近(29)らと行った。

 昭和30年代に水洗トイレが普及する前の日本を舞台に、利益を出すためなら殺人もいとわない経営でのし上がってきた、し尿くみ取り業者の親子の物語。開幕を前に「どんな反応が返ってくるか楽しみ」と笑顔を見せた。

 本作の発案者である古田は「基本下ネタが好き。性癖(の劇)はやったから、今度はうんこだろうなと」と恥ずかしげもなく経緯を明かし、本作を「ひどいです。思いっきり汚いものを見せます」と胸を張っていた。

 共演で宝塚歌劇団出身の咲妃みゆ(30)は「舞台人生で経験したことない出来事が起こり、ここまでたどりついた」と明かし、下ネタ満載のミュージカルに「あわあわした。“お下”な内容で…」とレア体験に羞恥心。これを横で笑う古田は「“お”をつけると余計いやらしいな」とにやけていた。

関連リンク

  • 7/8 21:30
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます