即アウトです! デート中に男性が幻滅するポイント

せっかく気になる男性とデートできたのに、そのままフェードアウトされてしまうと残念ですよね。男性はどんなことをきっかけに、進展させるか決めるのでしょうか。本記事では、デート中に男性が幻滅するポイントをまとめてみました。当てはまる項目がないかチェックしてみましょう。

途中で話題を変えてしまう

「会話している最中なのに急に『ねぇ、あれ可愛い!』『そういえば私も……』って話題を変えられて、すごくモヤモヤしました」(30代/公務員)

▽ 好奇心旺盛な女性ほど、コロコロと話題を変えてしまいがち。じっくりと会話を楽しみたい男性にとって、途中で話の腰を折られた気分になり、「俺の話なんて興味ないのかな」と感じてしまいます。意識が逸れそうになったときは、「今は彼の話に集中しよう」と言い聞かせましょう。

自分から恋バナをする

「好きな人の元カレの話なんて聞きたくないです。しかも、別れた原因を全部相手のせいにしていました。俺も付き合ったら悪く言われるんだろうな」(20代/商社)

▽ お互いの恋愛の価値観を確かめるために、悪気なく恋バナをしてしまうことがあります。ところが、男性によっては「聞きたくないのに」と不快感が湧き上がる原因に。彼に聞かれたら最低限答えてOKですが、自分から語りすぎないように注意しましょう。

いい女アピールが過剰

「メイクも服もばっちりで華やかな女性でしたけど、アピールが過剰なんですよね。いちいち自慢話をしてきて……褒められたいだけでしょ」(20代/教育)

▽ モテるには自分の長所を活かしてアピールすることが不可欠。ところが、頑張りすぎて過剰になると、相手に圧迫感を与えてしまいます。劣等感やコンプレックスがある女性ほど、必要以上にアピールしがち。自分だけでなく相手の魅力に目を向けて、意識的に褒めましょう。

下品な言葉遣い

「食事中に『やば! マジでうまいこれ!』と言っているのを聞いて、なんだか女友達といるような感覚になりました。悪いことではないけど、異性として意識できないっていうか」(20代/美容師)

▽ 言葉遣いにはその人の品格が表れます。下品な言葉が垣間見えた途端に、恋愛対象外になるケースが多いみたい。彼女になる女性には「上品であってほしい」と感じる男性心理があるのだとか。日ごろから意識して言葉遣いを癖づけましょう。

「寄り添い」や「癒やし」が重要

誰しも自分自身を大切にしてくれる人のことを、同じように大切にしたくなります。そのため、恋愛を上手に進めるには、男性の気持ちに寄り添って、プラスな印象を与えることが重要。「この子といると癒やされる」「素の自分が出せて楽しい」と思わせることができれば、恋愛対象として意識され始めるかもしれませんよ。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/8 12:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます