共感が殺到?!夫に「もう冷めたかも…」と思う瞬間<vol.2>

夫に「もう冷めたかも」と思う瞬間第2弾です!
まだまだ妻の夫への不満はたくさんあります。

共感できる内容が揃っているので、ストレス発散ついでにぜひご覧ください。

(1)父親の自覚がない



父親としての自覚がない夫をもつ妻は、ストレスが急上昇します。
授乳中に夫が「ぼくもほしい~」と駆け寄ってきたり、子どもを寝かしつけている時「かまって~」と横に引っ付いて子どもが起きてしまったり……。

妻と違って、夫は父親の自覚が芽生えるまで時間がかかります。
妻は、母として根気強く夫を教育していくことが大切です。

(2)自分はやらないくせに家事ができていないと注意する



専業主婦で家事全般やっている人でも、たまに掃除が行き届いていない場合はあります。
その時、きれいな時は何も言わない夫が少し汚れていると「なんか汚いね」と注意すると、妻の怒りが爆発するでしょう。

普段の家事を一切褒めず、ダメな部分だけ指摘するのは、夫婦生活の中で1番やってはいけない行動です。

(3)夫婦の会話の時間を取ろうとしない



子どもが生まれると、子ども優先な生活になるので、必然的に夫婦の時間は少なくなります。
しかし、子どもが寝静まる夜は2人だけの時間が作りやすく、まったく作れないわけではありません。

夫婦の時間を確保しようとしない夫を見ると、妻は寂しい気持ちになります。

(4)料理にケチをつけてくる



家族に毎日料理を作るのは、なかなか面倒ですよね。
気分によってはお惣菜やレトルトで手抜きをすることもあります。

その時、「今日はこれだけ?」「栄養バランス悪いね」など、夫から料理にケチをつけられると悲しい気持ちに……。


夫に冷める瞬間はたくさんありますが、「自分の努力が認められない」と思った時不信感が強まります。
すれ違いが生まれる前に、たくさん話し合って夫婦として支え合えるように構築したいですね。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/8 19:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます