吉村知事 4人飲み可に 「解除じゃないのか」の声に理解も「感染急拡大防ぎたい」

拡大画像を見る

 大阪府の吉村洋文知事が8日夜、新型コロナウイルス対策本部会議後に会見した。来月22日まで延長が決まったまん延防止等重点措置について、府では、酒類を提供する飲食店は4人まで緩和されることを決めた。吉村洋文知事は「まだまだ不自由はあると思うが、少しずつ解除していくことで、感染の急拡大を防ぎたい」と語った。

 まん延防止-延長に伴い、原則として飲食店の酒類提供は禁止だが、大阪府が感染対策を徹底していると承認したゴールドステッカーを取得した飲食店には、これまでの2人から「4人まで」に緩和される。午後7時までの酒類提供は変わらず、時短は継続される。

 大規模商業施設の営業時間はこれまでの午後8時から午後9時までに緩和される。

 吉村知事は、「本来であれば、新規陽性者の数だけみれば、大阪府は(国に)要請しなければ、(まん延防止等重点措置は)解除されていたと思います」と述べ、「解除ではないのか、と思われている方もいると思います」と解除ではないことに落胆する思いにも理解を示した。

 その上で、「大阪は東京と同じ大都市であり、(変異)株の置き換わりが起きている。デルタ株もあり、大阪でも同様に感染拡大していくことも考えられる」ことを説明し、「感染急拡大の兆候が明らかに見られる。高齢者のワクチン接種が概ね完了する7月末まで、この間、急激な拡大にならないよう、お一人お一人の感染対策をお願いしたい」と府民の理解と協力を呼びかけた。

 また、飲食店など事業者に対しては「まだまだ不自由はあると思うが、少しずつ少しずつ解除していくことで、感染の急拡大を防ぎたい。少しずつ元に戻してそろりそろりとやっていく、とご理解してもらえれば」と話した。

関連リンク

  • 7/8 19:15
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます