ドライバーの恐怖をホラー映画のポスターのように仕立てたフォルクスワーゲンの広告

拡大画像を見る

フォルクスワーゲン・オーストラリアによる、ただの交通用語をホラー映画のポスターのように仕立てたティグアン(Tiguan)の広告が注目を集めています。クリエイティブを担当したのはDDB Sydneyという広告代理店です。


https://www.instagram.com/p/CQry5QgjTXP/

「縦列駐車(The Parallel Park)」「高速道路の合流(The Highway Merge)」「環状交差点(The Roundabout)」「歩行者(The Pedestrian)」という4つの交通用語が使用されています。

この4つに共通するのは、「ドライバーなら一度や二度は恐怖を感じたことがあるもの」ということのようです。

「縦列駐車(The Parallel Park)」には「(上手に駐車できるかどうか)あなたは見られている」、「環状交差点(The Roundabout)」には「脱出できるかな?」といったキャッチコピーがついています。


https://www.instagram.com/p/CQuVcarjJL-/

すでに街のあちこちに掲出されているようです。

DDB Sydney x Volkswagen Tiguan ‘Hello Confidence’(YouTube)
https://youtu.be/NPtv_6nneYc

「環状交差点(The Roundabout)」をテーマにしたCMもホラー映画っぽくなっています。

※画像:Instagramより引用
https://www.instagram.com/p/CQuVcarjJL-/

(執筆者: 6PAC)

関連リンク

  • 7/8 19:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます