【JRA新馬戦】ドレッドノータスの全弟グランディアなどがデビュー

拡大画像を見る

10日(土)・11日(日)に行われる新馬戦の出走馬が、8日確定した。

今週は函館、福島、小倉で計9鞍の新馬戦が組まれている。主な出走馬は以下の通り。

◆7/10(土)
・函館5R(芝1200m・11頭)
アンジェリーナ(牝、横山和生・昆貢、レッドスパーダ)…調教の動きが良く、仕上がりも良さそう。初戦から期待できる。

・福島5R(芝1800m・12頭)
オンリーオピニオン(牝、柴田大知・伊藤大士、キズナ)…順調に乗り込まれ、直前の追い切りも併せ馬で先着。仕上がりが良さそう。

・福島6R(牝・芝1200m・14頭)
コスモプルエバ(牝、永野猛蔵・田村康仁、ゴールドシップ)…母ケイティラブは2010年のアイビスSD(GIII)を勝った。順調に乗り込まれている。

・小倉5R(芝1200m・7頭)
サイード(牡、福永祐一・角田晃一、キズナ)…姉に2014年フィリーズレビュー(GII)など重賞5勝のベルカント、2021年京都牝馬S(GIII)など重賞2勝のイベリスがいる。順調に乗り込まれている。

◆7/11(日)
・函館5R(芝1800m・12頭)
アスクワイルドモア(牡、武豊・藤原英昭、キズナ)…千葉サラブレッドセールで6941万円。順調に乗り込まれ仕上がりが良さそう。

ヒシアラカン(牡、大野拓弥・堀宣行、エピファネイア)…セレクトセール当歳3888万円。順調に乗り込まれ1週前、直前と追い切りの動きも良い。万全の態勢で期待できそう。

フォアランナー(牡、C.ルメール・西村真幸、ハービンジャー)…半兄クラージュゲリエは2018年京都2歳S(GIII)を、全兄プロフェットは2016年の京成杯(GIII)を勝っている。

・福島5R(芝2000m・11頭)
サトノギベオン(牡、岩田望来・戸田博文、キズナ)…セレクトセール1歳7920万円。調教の動きも良く初戦から期待できそうだ。

・福島6R(芝1200m・11頭)
エコロデビル(牡、内田博幸・菊沢隆徳、ロゴタイプ)…セレクトセール1歳1540万円。軽快な動きを見せていて仕上がりが良さそう。

・小倉5R(芝1800m・8頭)
グランディア(牡、川田将雅・中内田充正、ハービンジャー)…母ディアデラノビアは、2005年フローラS(GII)など重賞3賞。全兄ドレッドノータスは2019年京都大賞典(GII)、2015年京都2歳S(GIII)を勝った。順調に乗り込まれ態勢は整っている。

・小倉6R(牝・芝1200m・8頭)
アンジーニョ(牝、松山弘平・高橋義忠、ミッキーアイル)…順調に乗り込まれ、追い切りは栗東坂路でラスト1ハロン12.1秒。鋭い動きを見せている。

関連リンク

  • 7/8 17:30
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます