実は運転しまくり!? 無免許事故の木下ふみこ都議にタチの悪い疑惑

拡大画像を見る

 7月4日に行われた東京都議選・板橋区選挙区で、2回目の当選を果たした「都民ファーストの会」の木下ふみこ氏。ところが、翌5日になり、木下氏が選挙中の今月2日、免許停止中に車を運転し、事故を起こしていたことが判明。さらに、それを隠していたとして、投票した板橋区民は無論のこと、ネット上では議員辞職を求める声が強まっている。

 全国紙社会部記者が語る。

「木下氏が板橋区高島平3丁目付近の交差点で車をバックさせた際、停車していた後続車と衝突事故を起こしたのは2日の午前7時30分頃のこと。ぶつけられた車には男性と奥さんが同乗していてケガを負っていますが、選挙の最中ということもあり木下氏は事故の事実を隠していた。ところが当選が判明した翌日、フジテレビが事故の事実を報じて大騒ぎになり、しかも事故を起こしたとき、彼女は免停中で免許を持っていなかった事も発覚。免停中に車を運転すること自体考えられませんが、同じ選挙区から立候補していた他の候補などの証言によれば、告示前から木下氏が自らハンドルを握る姿がたびたび目撃されていたと言いますからね。議員云々という以前に、社会人としてのモラルが問われても致し方ない、そんな事案だといえるでしょうね」

 木下氏は東京外語大から博報堂に入社。その後、地方創生に携わり、2018年「希望の塾」から都議選に出馬。当選後は党内で都議団副政調会長を務め、小池百合子都知事の信頼も厚かったという。

 この事態を受け、都民ファーストは5日深夜、木下氏の除名処分を発表したものの、SNS上には《悪質過ぎる。政治家としてはもとより、社会人としてありえない。除名処分では軽過ぎる。辞職勧告すべき!》《2月に免停という事は、150日か180日。正直そうそう食らう日数ではないはず。いったい何をしたのか、それが問題!》と追及の声が溢れ、さらには《どうして議員辞職勧告ができない?これを除名だけで済ませたら都民ファーストも終わりだな》といった意見も……。

 前出の社会部記者が語る。

「木下氏は免許を携帯していなかった言い訳として、『7月2日で停止期間が終わったと勘違いをしていた』と釈明していますが、そもそも、免停の手続きは通知書と免許証を持って出頭し、免許証を返納した時点から免停期間が始まるもの。ですから免許失効のうっかりはあるものの、免停期間の勘違いなどふつうは考えられません。また、告示日前から運転していたという対立候補の証言が事実であれば、その言い訳すら大嘘ということになり、タチが悪い。それ以前に木下氏は事故の事実を隠ぺいしていたわけですからね。議員という立場があって逮捕は逃れたのかも知れませんが、一般人なら逮捕されてもおかしくない事案。今後の対応によっては、都民ファースト人気が急落する可能性もあるでしょうね」

 とはいえ、3カ月以内に辞職した場合には木下氏の票が消え、次点の自民党候補が繰り上がることになる。そのため、党は除名はするものの議員辞職までは迫らないはず、というのが政界関係者の見方だ。

 そして除名から2日後の7日、木下氏が新会派「SDGs東京」を設立したことが明らかになった。東京都議会の公式HPの議員名簿に「無所属(SDGs東京)」と記載されているのだ。4年間の任期中には1億円近い税金が支払われることになる。我々もきちんと事の顛末を注視したい。

(灯倫太郎)

関連リンク

  • 7/8 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

10
  • ***

    7/12 8:45

    免停期間を間違えた?アホかクソアマめ。免停期間って免許は手元にあるのか?無いやろ。間違う訳ないわ。嘘ばっかり。クソアマの分際で。

  • 免停していて事故を起こすってことは そもそも運転したらダメな人だわな

  • 皆やってる事でしょう?何でそんな事を言われなければならないの??? って言い訳が聴こえて来そう。 捕まらなきゃ解りませんからねぇ 思考回路が終わってるとしか言いようが無いです。

記事の無断転載を禁じます