「孰れ」って何て読む?社会人なら知っておきたい《難読漢字》4選

漢字を覚える機会が減ってしまった現代!漢字の知識があると、一目置かれる存在になるかも♡そして、読み方と一緒に意味も覚えておくと、生活の中で使いやすいですよ!社会人なら知っておきたい難読漢字がズラリと並んでいるので、ぜひご覧ください♪

社会人なら知っておきたい難読漢字①宛ら


「宛」は、返信用の宛先の名前の後に使われているのを見たことがある人も多いでしょう!1文字で使うときは「あて」と読みますが、「宛ら」となると「さながら」と読みます。意味は、そのままやそっくり!プロ宛ら、本番宛ら、といった使い方ができます。意味を知っておくと、生活の中で使えそうな漢字ですね♪
(広辞苑より)

社会人なら知っておきたい難読漢字②吝か


こちらの難読漢字は、「やぶさか」と読みます。けちなことや物惜しみする様子を指している漢字。読み方は少し難しいですが、意味は難しくないので覚えやすいかも♪吝かではありません、のようにビジネスシーンで登場することも!社会人なら、頭の片隅に入れておきたい漢字ですね。
(広辞苑より)

社会人なら知っておきたい難読漢字③漱ぐ


漱ぐは、誰もが生活の中でしている動作の1つ!「すすぐ」と読むのですが、読み方を知れば意味もイメージできそう♪うがいをしたり、口をゆすぐときに使いますよね!正式には、水で洗って清めるという意味があるそうです。うがいは毎日するものなので、うがいをする度に漢字を思い出せば忘れなくなりそう♡
(広辞苑より)

社会人なら知っておきたい難読漢字④孰れ


孰れは、「いずれ」と読む難読漢字で「、はっきり定めず、または分からないままに、物事をさすこと」で「この中の孰れかを選ぶ」というように使えます。さりげなく日常生活で一度使ってみると覚えやすそうですね♪
(広辞苑より)

社会人必見!難読漢字は読めたら好感度アップも


誰でも、人から好感を持たれると嬉しいですよね♪好感度は、ふとした瞬間にアップすることも♪特に社会人は難読漢字が読めると、さりげなく好感度をあげるチャンスです。社会人なら知っておきたい難読漢字を覚えて、いつもと違う景色を体験してみて♡

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/8 12:35
  • lamire

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます