レアルがFWリチャーリソン獲得に興味…アンチェロッティ監督が“再タッグ”を希望

拡大画像を見る

 レアル・マドリードは、エヴァートンに所属するブラジル代表FWリチャーリソンの獲得へ動く可能性があるようだ。7日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 今夏、パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・エンバペの獲得を目指すレアル・マドリードだが、今回の報道によるとリチャーリソンの名前が獲得リストに浮上した模様。すでに同クラブの指揮官に復帰したカルロ・アンチェロッティ監督が、過去2シーズンをエヴァートンでともにすごした同選手を高く評価しており、“再タッグ”の結成を望んでいるという。

 現在24歳のリチャーリソンは2018年夏にワトフォードからエヴァートンへ加入すると、ここまで公式戦119試合に出場し42ゴール9アシストを記録。またリーグ戦にはいずれも30試合以上に出場するフル稼働を見せており、現在コパ・アメリカを戦うブラジル代表の一員としても活躍している。

 とはいえ同紙は、リチャーリソンとエヴァートンが2024年6月まで契約を結んでいることに触れ、獲得への道のりは決して簡単なものではないことにも言及。明確な移籍金は明らかにされていないが「主力のブラジル人選手を安く手放すはずがないことは明らか」とも伝えている。

関連リンク

  • 7/8 14:24
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます