★伝説の『サンダーバード』、あのスタイルで奇跡の復活!新作映画『サンダーバード55/GOGO』公開へ!

拡大画像を見る

すぴ豊です。 これはビックリ!&感激!あの英国製のSF人形劇の傑作『サンダーバード』の新作映画が日本でも公開されます!しかもCGとか04年の実写映画とは違い、当時のテクニック=つまり人形劇技術で、当時のボイスキャストを使った“新作”!!一体どういう作品なのでしょうか?

タイトルは『サンダーバード55/GOGO』

まず本日リリースされたプレスリリースからの抜粋です。


『サンダーバード55/GOGO』2022年公開へ
1965年にイギリスで、翌1966年には日本でも放送が開始され、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして、スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した
特撮人形劇の最高傑作として名高いテレビシリーズ「サンダーバード」。
人形の独特な動きや、ユニークな近未来的メカデザイン、人形劇とは思えないダイナミック特撮描写は
テレビ界の常識を塗り替えたとも言われ、劇場用長編版も2本製作されているほか、2004年には実写版リメイク、2015年には新たにCGアニメーションが制作されるなど、現代まで世界中のファンに愛され続けている。本国イギリスの熱狂的なサンダーバードファンのクラウドファンディングによって制作された3話のエピソードを日本公開用に独自に再編集した特別版。これらのエピソードは当時ラジオドラマとして書かれた脚本をもとに、はじめて映像化されたもの。オリジナルへのオマージュとしてスーパーマリオネーションの伝統的な技術を駆使して撮影され、完全新作として甦えらせた。

というものです。
これをもうちょっと詳しく説明すると
2015年、つまり今から5年前で『サンダーバード』がイギリスで放送された50周年にあたる年、イギリスの熱狂的な『サンダーバード』ファンが、クラウドファンディングでお金を募り、
“当時の技術(スーパーマリオネーション)を使って、『サンダーバード』の新作を作ろう”と呼びかけたのですね。
そしてお金が集まり、
“THUNDERBIRDS THE ANNIVERSARY EPISODES”と銘打って
次の3本の新作エピソードが作られました
"Introducing Thunderbirds"
"The Abominable Snowman"
"The Stately Home Robberies"
で、もともとこの3作は、1965年から67年にオーディオドラマ用に作られたものをを映像化したらしく、このオーディオ版に参加したオリジナル・キャストが出演しているから、その声も使っています。
なのでオリジナル・キャストの声でもあるわけですね。
本国ではこれはブルーレイにまとめられ発売されました。
日本のファンの間でも話題になっていたのですが、日本では、日本放送の55周年を記念して、
なんと劇場用映画としての公開です!!!

これがその時のクラウドファンディングを呼びかける動画。
ファンの熱意ってすごい!

プロデューサー:スティーブン・ラリビエー                 
監督:スティーブン・ラリビエー、ジャスティン・T・リー、デヴィッド・エリオット
脚本:アラン・フェネル、デヴィッド・グラハム、デスモンド・サンダース
特殊効果監督:ジャスティン・T・リー、スティーブン・ラリビエー、デレク・メディングス
音楽:バリー・グレイ スーパーバイザー:デヴィッド・エリオット
オリジナル製作:ジェリー・アンダーソン、シルヴィア・アンダーソン
原題:THUNDERBIRDS THE ANNIVERSARY EPISODES
(「INTRODUCING THUNDERBIRDS」, 「THE ABOMINABLE SNOWMAN」, 「THE STATELY HOMES ROBBERIES」)
製作国:英
配給:STAR CHANNEL MOVIES
コピーライト:Thunderbirds ™ and © ITC Entertainment Group Limited 1964, 1999 and 2021. Licensed by ITV Studios Limited. All rights reserved.

その他すごい企画も続々!コンサートも!

こうした動きにあわせ『サンダーバード』55周年を祝う様々な企画も始動。

公式サイトも立ち上がり

9月7日には、あの『サンダーバード』のテーマ曲をオーケストラで聴ける、
サンダーバード55周年シネマコンサート
も開催です!

そもそも『サンダーバード』とは?

『サンダーバード』 (Thunderbirds) は、
1965年から1966年にイギリスで放送された人形劇による1時間枠の特撮テレビ番組です。
日本では翌年まずNHKで放送され、その後に再放送等でブレイクしました。

南の島に拠点を持つ「国際救助隊」(IR―International Rescue)という秘密組織が
サンダーバードというスーパーメカを用いて、
世界中の天災・災害から人々を救う物語です。
この「国際救助隊」は、トレーシー一家という一族が運営しており、
(究極のボランティア!)
サンダーバード号のパイロットは皆トレーシー一家の息子たちです。

戦争とか国際紛争には関与せず、あくまで天災・災害のために
働く組織です。

このサンダーバードのメカがかっこよく、日本ではプラモデルの定番でした。

実は『サンダーバード』、イギリス、日本では人気があるのですが、
アメリカでイマイチ。
再度人気を狙って04年に実写版映画の『サンダーバード』も作られました。

なおこの『サンダーバード』を作ったジェリー・アンダーソンはこの前に
『海底大戦争 スティングレイ』という潜水艦ものを作ってますが
映画『アクアマン』で、敵の攻撃と勘違いしてニコール・キッドマン演じる海の女王が
この番組を放送しているTVに槍を投げるシーンがあります。
のちにアンダーソンは実写SFドラマ『謎の円盤UFO』という名作をつくりあげます。

なお
THUNDERBIRDS ARE GO!
というあおり。

なぜbe動詞の後なのに GOING ではなく GO
なのか 当時悩みましたが(笑)
このGOは形容詞的な使い方で、準備OK! みたいな意味だそうです。



関連リンク

  • 7/7 13:52
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます