ROLAND「素敵だな」と思った“先輩”芸能人明かす

【モデルプレス=2021/07/08】ホスト界の帝王と称されるROLAND(ローランド)が8日、都内で開催された「IT トレンド EXPO2021 summer」に出席した。

「IT トレンド EXPO」は、法人向けIT製品の比較・検討サイト「IT トレンド」が主催する日本最大級のオンライン展示会。ROLANDは「コミュ力は努力で手に入る。ローランド流コミュニケーションの極意」をテーマに特別セッションを行った。なお、MCはフリーアナウンサーの鷲見玲奈が務めた。

◆ROLAND、コミュニケーションの極意とは

ビジネスにおけるコミュニケーションで大事なことを聞かれたROLANDは「プライドを持ちすぎてもダメだし、持たな過ぎてもだめだし、その微妙な塩梅」と返答。人との接し方については「僕は洞察力がある方だと思っている」としたうえで「年齢とかに限らず、キャラクターを見て合わせるようにしていますね」とスタンスを明かした。

例として和田アキ子を挙げ「アッコさんと飲むというような、撮影をしたことがあるんですよ。ホストクラブで。お客様として、アッコさんが来てくれると。アッコさん、誰もが知っている大御所じゃないですか。でもけっこう、少女的な部分を持ち合わせているなと思ったので、割とガツガツ行ってみようと思って。チャレンジしたら『あ、割と感触悪くないぞ』と思って」と回想。

「この方はけっこうガツガツ行かれても、その方が『距離を縮めてくれた』と思って喜んでくれる方だなと思って、けっこう踏み込んだりとか。そういう反応を見て探りつつ、いけるなと思ったら行くとか。これはケースバイケースなので、ここを見て判断しろとかはなくて。数値化できない感情的な部分なので、人を見ていく行かないって決めたりとか、その洞察力っていうのも大事だと思います」と考えを明かしていた。

◆ROLAND、コミュニケーション能力が高い芸能人明かす

その後の質疑応答で、芸能界でコミュニケーション能力が高いと感じた人を聞かれたROLANDは「帝京高校だったんですけど、先輩の木梨憲武さんとかは、あれだけキャリアがあって、でもいい意味で気を遣わせない雰囲気を自分から作れるって、素敵だなあと思って」とコメント。

「大御所で、相手を委縮させたり、緊張させたりとか、尊敬させるって、結構簡単だったりするじゃないですか。でも、居心地の良さを感じさせるって、難しいじゃないですか。自分が意図しないとできないことなので。無意識にやられているのかもしれないですけども、もちろん尊敬をする気持ちを崩すことなく、なおかつ居心地をよくさせるっていうところの、ミックスされた技術っていうのは、天性なのか努力なのか分からないですけど、素敵だなと思いましたね」と話していた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/8 13:38
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます