【プロキオンS 血統データ分析】ヘニーヒューズ産駒は当日の馬場状態にも注目

拡大画像を見る

 11日に小倉競馬場で行われるプロキオンS(3歳上・GIII・ダート1700m)について血統・種牡馬別に検証していく。なお、今年は開催日割の変更に伴い小倉ダート1700mにて施行されるため、2020年以降の当該コース成績をデータの集計対象とした。

 ヘニーヒューズ産駒は[4-3-4-33]。同産駒の成績を馬場状態で比較してみると、良[0-1-1-10]、稍重[2-2-1-7]、重[2-0-1-10]、不良[0-0-1-6]となり、適度に湿り気を帯びた稍重や重のときに好走しやすい傾向が見受けられる。同産駒には上位人気と目されるワイドファラオほか、スマートセラヴィーが該当。

 ネオユニヴァース産駒は[2-1-0-8]。3着以内に好走した延べ3頭のうち2頭がクリノフウジンによる成績となり、同馬は20年門司S(3勝クラス)で7人気1着、21年門司S(オープン)で11人気2着、どちらも人気薄ながらクラスの違う同名レースで好走していた。同産駒からは9歳の古豪ウェスタールンドが出走を予定している。

 ロードカナロア産駒は[2-3-2-29]。同産駒はクラスで成績に差異があり、未勝利[0-0-2-20]、1勝クラス[0-1-0-7]、2勝クラス[2-2-0-2]、と連対した5頭のうち4頭が2勝クラスでのものだった(3勝クラス以上には出走例なし)。同産駒からはダノンスプレンダー、ペプチドバンブー、メイショウウズマサの3頭が特別登録。

 マジェスティックウォリアー産駒は[3-2-4-29]。同産駒は1・2人気[3-0-2-2]、3〜9人気[0-2-1-15]、10人気以下[0-0-1-12]と好走馬の大半が上位人気馬となるため、人気自体を指標としやすいところがある。同産駒には上位人気を担いそうなサンライズホープが該当するので、当日の人気にも注目してみたい。

関連リンク

  • 7/8 12:30
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます