【今いちばん見たいバラエティ番組ランキング】『水ダウ』『アメトーーク!』が接戦、有吉弘行が大人気!トップは?

拡大画像を見る

『有吉反省会』(日本テレビ系)、『ぴったんこカンカン』(TBS系)が9月いっぱいで終わることが話題になっている。9年続く『有吉反省会』は深夜帯放送にも関わらず、視聴率は悪くない。『ぴったんこカンカン』も18年半続いた長寿番組でお茶の間人気も高いが、メイン司会を務めるTBSの安住紳一郎アナウンサーが、9月末で終了する『あさチャン!』(TBS系)の後番組『THE TIME,』のメインキャスターに就任。安住アナの代わりがいないため、『ぴったんこカンカン』は番組自体が終了する。このように長寿バラエティが終了する中、最近では千鳥や霜降り明星などを起用したお笑いネタ番組も多くスタートしている。そこで今回は10~30代の男女100人に「今いちばん楽しみなバラエティ番組」について聞いてみた。

 第2位には、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の2番組が同率ランクイン。

『アメトーーク!』は雨上がり決死隊の冠バラエティで、2003年に『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーク!』としてスタート。「ガンダム芸人」「アイドル大好き芸人」など “くくり”トーク企画が人気で、ベテランと若手が入り混じり、毎回マニアックなトークに花を咲かせる。以前は、雨上がり決死隊がコンビでMCを務めていたが、2019年の闇営業騒動で宮迫は番組を降板。以降は、相方の蛍原徹がメインMCとして番組を進行している。

『アメトーーク!』を選んだ人からは、「テーマに沿って芸人さんが深堀りした話をするのが面白い。家電芸人が好きだった」(37歳/男性/会社経営・役員)、「ホトちゃんが面白い。毎回違ったテーマなのも楽しい」(15歳/男性/学生・フリーター)、「毎回テーマが違うので知らない世界を知ることができる」(28歳/女性/学生・フリーター)など、テーマに沿ったトークが好評を博していた。

 一方『水曜日のダウンタウン』は、2014年スタートのダウンタウンによるバラエティ。毎回、芸人たちがあらゆる「説」をプレゼン、それを検証するという企画がメイン。検証では、ドッキリや過激な演出もあり、たびたび物議をかもしている。また、安田大サーカスのクロちゃんをフィーチャーした恋愛リアリティ、アイドル育成などの“モンスター”シリーズ他、人気企画も多い。

『水曜日のダウンタウン』を選んだ人からは、「出演者ではなく企画の内容にこだわっている感じがするから。似た内容の番組が多い中、独自の感じがいいから」(29歳/男性/営業・販売)、「最近だとあまり見かけない過激な企画が面白い」(39歳/女性/主婦)、「クロちゃんの回が面白い。過激なドッキリなど、企画が面白い」(24歳/男性/学生・フリーター)など、ともすれば炎上することもある過激さが評価されていた。

■「芸人が芸人らしい活躍」「飽きない」

 そして第1位は、『有吉の壁』(日本テレビ系)。

 2015年から特別番組として不定期放送、2020年4月からレギュラー放送になった『有吉の壁』。遊園地や商業施設に“一般人”として芸人たちがひそみ、有吉弘行、佐藤栞里を笑わせる「一般人の壁」や、チョコレートプラネットのTT兄弟、Mr.パーカーJr.、ジャングルポケットのストレッチャーズ、きつねのKOUGU維新などのキャラを生んだ「ブレイク芸人選手権」企画が人気。若手芸人はもちろん、ベテラン芸人の再ブレイクのきっかけともなっており、お笑いファンからの支持が高い。

『有吉の壁』を選んだ人からは、「たくさんのお笑い芸人が活躍しているのが良い。毎回とても面白い」(19歳/男性/学生・フリーター)、「緩い感じが面白い。毎週見てても飽きない」(27歳/女性/主婦)、「芸人が芸人らしい活躍をしている。必ず笑えるところが数多くある」(24歳/男性)、「いろいろな芸人の新鮮なネタが見られる。毎回面白い」(17歳/男性/学生・フリーター)など、芸人たちの競演を挙げる人が大多数だった。

 以上が今回のトップ3。これまでこうしたランキングでは常にトップだった『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)は、第4位に陥落。ランキングの詳細は次ページで!

関連リンク

  • 7/8 12:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます