わずか5分で肩・腰の痛みが解消!奇跡のボールペン指圧術

拡大画像を見る

 日本人の国民病とも言える肩凝りや腰痛。新型コロナによる運動不足や、パソコンやスマホの使い過ぎで、こうした悩みを抱えている人の数は年々、増えてきているという。

「漢方薬メーカーのツムラが、今年1月に行った男性900人への調査によると、7割以上の人が、コロナ禍以降、肩凝りや腰痛などの不調を感じていることが分かりました」(夕刊紙記者)

『たった5秒で痛みを治す! ほぐすだけ ボールペンマッサージ』(廣済堂出版)などの著書がある理学療法士の石部伸之氏によると、多くの場合、「筋硬結」が肩や腰の不調の原因だという。

「筋硬結とは、筋肉に急激に大きな負荷をかけたり、テレワークの際に、姿勢の悪い状態を長時間続けるなどして、筋繊維が部分的に絡まり、硬くなった部分のことです。この筋硬結を解消しないと、血流やリンパの流れの不良を引き起こし、痛みや凝りの原因となる老廃物の排出が妨げられてしまうのです」(以下、発言は石部氏)

 石部氏によれば、硬くなった筋繊維をほぐして血流を促進し、肩や腰の状態を劇的に改善させる指圧法があるという。用意するのは、ボールペン1本のみだ。

「病院で手術を勧められるほど腰の痛みを持っていた方の筋硬結を、ボールペンでほぐしたところ、日常生活が送れるほど、改善したこともあります」

 今回、そんな奇跡のスゴ技を石部氏に伝授してもらった。

■ボールペンの選び方

 まずは、ボールペンの選び方から。

「ペン尻の部分をカチッと押すと芯が出るノック式だと、うまく筋肉に圧力がかかりません。サイドをノックするタイプでペン尻が丸く、太さが直径5〜8ミリ程度のものが最適です」

 指圧すべき筋硬結も、簡単に見つけられるという。

「肩であれば、後頭部から肩、背骨に広がる筋肉を触ってチェック。腰が痛い人は、背中側の骨盤の周囲に広がる筋肉を指先で丁寧に押してみてください」

 指で圧力をかけると、鋭い痛みを感じる、コリッとした硬い部分があるはずだ。

「それが筋硬結です。大きさは、数ミリほどのものから数センチくらいまで、人によって、さまざまです」

 ボールペンを、手のひら全体で握って持ち、ペン尻の部分で、筋肉に対して垂直に押そう。

「筋硬結の部分をピンポイントで、5秒間押してパッと離しましょう。それを1セットで3〜5回繰り返します。“少し痛いけど気持ちがいい”くらいの強さが適切です。個人差はありますが、1日に3セット程度やるだけで、1か月後には、痛みや凝りが大幅に改善するはずです」

 金もかからず、場所も取らない。ボールペン1本で、頑固な痛みとオサラバだ。

関連リンク

  • 7/8 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます