長瀬智也TOKIO番組再び登場も…中居正広はイラスト!「J向こう側」浮き彫り!!

拡大画像を見る

 7月7日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、Sexy Zoneの中島健人(27)がゲスト出演した。

 中島はこの日の放送で、現在定着している愛称“ケンティー”ではなく、ジャニーズ入所当初に先輩から呼ばれていたという“ナカジー”とのニックネームで先輩のTOKIOから呼ばれていた。

「中島のことを“ナカジー”と呼んでいた先輩はすでにジャニーズを退所しているようで、その辞めてしまった先輩について中島は、“ジャニーズの向こう側に行っちゃった方々”という表現をしていましたね」(テレビ誌ライター)

 この日の番組では、ジャニーズをすでに退所した人物の話題が出ることもあった。中島は、2017年6月放送の『TOKIOカケル』にも出演していたことがあり、番組序盤には当時の映像を振り返る『これまでのナカジーとTOKIO』と題したコーナーが放送された。

「2017年6月の放送回の映像では、当時まだジャニーズに在籍していた長瀬智也(42)の姿も登場。長瀬が中島に“TOKIOが先輩なの知ってた?”と話しかけるシーンも流れました」(前同)

■長瀬はリニューアル後、何度も登場も……

『TOKIOカケル』は長瀬退所後、4月7日放送の鈴木亮平(38)がゲストとして登場した回からリニューアルし、『これまでの〇〇(ゲストの名前)とTOKIO』と題したゲストの過去出演シーンをまとめたコーナーが度々放送されている。

「長瀬の姿は、鈴木のゲスト回から、『これまでの〇〇とTOKIO』のコーナーで何度も放送されています。ここまで“普通に”出てくるということは、長瀬は退所前に自身の映像の使用に関して番組サイドとしっかり協議して、“使用OK”ということで話がまとまっているのでしょうね」(前出のテレビ誌ライター)

 番組中盤では、中島が過去に東山紀之(54)、中居正広(48)、TOKIOの国分太一(46)、V6の井ノ原快彦(45)というメンバーで食事に行ったというエピソードを振り返った。

「中島が名だたる先輩たちが集結した食事会に行ったエピソードを話し始めると、左から中島、東山、井ノ原、中居、国分の順番で画面下にそれぞれの姿が出てきました。この中で中島、東山、井ノ原、国分は写真が使われていたのですが、中居だけはイラストが使われていたんです」(前同)

■TOKIOとは違う“ジャニーズの向こう側に行った人”

 ワイドショー関係者は言う。

「中島さんのエピソードトークで中居さんだけイラストが使われたのは、おそらく肖像権、許可取りの関係でしょう。そもそもTOKIOの番組なので国分さん、そして東山さん、井ノ原さん、中島さんは現役ジャニーズタレントで、エンドロールにも記載されているようにジャニーズ事務所も協力している番組ですし、写真はOKでしょう。

 ただ、中居さんだけは少し事情が違います。中居さんは昨年3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所し、独立しています。円満退所で、現在もマネジャーはジャニーズから出向しているといいますが、中居さんの会社『のんびりなかい』は株式会社TOKIOと違い、ジャニーズとの資本関係もない。そのため、もしかしたら、のんびりなかいサイドが番組の写真使用許諾にNGを出したか、番組側がさまざまに忖度して、写真ではなくイラストを使ったのかもしれませんね」

 番組視聴者からも、「何で中居正広だけイラストなん?」「写真とほぼ変わらないイラストなら写真でいいのに 意味わかんない」といった声が上がっていた。

「中居さんは退所してからも現役のジャニーズタレントと何度も共演していて、どう見てもジャニーズ事務所との関係は良好です。ただ今回、『TOKIOカケル』で1人だけイラストになり、ジャニーズと袂を分かったことが、改めて浮き彫りになったとも言えそうですね」(前同)

 いくら、ジャニーズ事務所や現役ジャニーズタレントと仲が良くても、中居は“ジャニーズの向こう側に行っちゃった方々”のひとりということかーー。

関連リンク

  • 7/8 11:46
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます