ファイルの「うっかり消去」を防ぐUSBメモリ、エレコムから登場

拡大画像を見る

 エレコムは7月上旬に、消去したファイルを元に戻せる「うっかり消去防止機能」を搭載した、USB 3.2(Gen1)対応のUSBメモリ「MF-USB3」シリーズを発売する。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。ラインアップは、32GBモデル、64GBモデルの2種類で、価格はどちらもオープン。

 MF-USB3シリーズは、USB 3.2(Gen1)に対応し、毎秒110MBの読み込み速度を実現したUSBメモリ。本体に、ストラップホールを備えている。
 うっかり消去防止機能では、同社のウェブサイトからダウンロードできる「うっかり消去防止ソフト」を使用することで、あらかじめ登録した「MF-USB3」シリーズやサーバーなどを監視し、うっかり消去してしまったデータをUSBメモリ内のごみ箱フォルダに自動保存することが可能で、ごみ箱フォルダ内のファイルは必要に応じてPCのごみ箱フォルダのように、元に戻すことができる。
 さらに3台までPCを登録でき、USBメモリを未登録のPCに接続した際にはパスワード入力を要求することで、盗難や紛失時のデータ漏えいを防ぐ「PASS(Password Authentication Security System)」と、USBメモリ内に保存したデータを信頼性が高い強固な暗号化方式「AES256bit」で暗号化する「PASS(Password Authentication Security System)×AES」の、2種類のセキュリティソフトを無償でダウンロードして使える。
 対応OSはWindows 10/8.1、macOS Big Sur 11.0。付属ソフトの対応OSはWindows 10/8.1。
 サイズが幅23×高さ7×奥行き14mmで、重さが約3gとなる。

関連リンク

  • 7/8 11:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます