小芝風花、非モテ設定ドラマで浮上した隠しきれない“美とバスト”問題!

拡大画像を見る

 7月6日に放送されたSexy Zone・中島健人と小芝風花がダブル主演するドラマ「彼女はキレイだった」(フジテレビ系)第1話の視聴率が7.6%だったことがわかった。同ドラマは、人気韓国ドラマが原作だという。

「『彼女は─』は15年に制作された韓国ドラマのリメイクで、デブで冴えない少年からイケメンエリートになった青年と、美少女から無職になった地味系女性の恋愛を描いた作品です。日本版では、エリート青年を中島、残念女子を小芝が演じるということで話題に。しかし、カンテレ(関西テレビ)制作の火曜ドラマは近年、視聴率が苦戦していますが、今作もまた初回から1ケタと厳しいスタートとなってしまいました」(テレビ誌記者)

 そんな「彼女は─」で小芝が演じる主人公はモテない設定であるため、バイト先で客から頭に酒をかけられるなど男性にひどい扱いを受けるシーンが続出。すると視聴者からは、その演出に関して疑問の声が相次いだという。

「ドラマでの小芝は、ソバージュヘアに地味なファッションで冴えない女性を演じているのですが、顔が美人のままであるため、視聴者から『可愛すぎてブス設定に無理がある!』との声が相次ぐことに。さらに彼女が全力疾走するシーンでは、シャツ越しにバストが“ユッサユッサ”と激しく揺れる場面もあったことで、視聴者から『美人でバストもあるとか最高の女性では!?』『彼女は美バストだった!』と驚きの声もあがっています」(前出・テレビ誌記者)

 視聴率的に厳しいスタートとなった「彼女は─」だが、今後は小芝の魅力によって徐々に数字がアップしていくことを期待したい。

関連リンク

  • 7/8 10:50
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます