フジッコの「ダイズライス」とコラボした冷凍宅食「GOFOOD」の低糖質&高タンパク弁当が全部旨い!

 高タンパク&低カロリーで、次の主食として注目を集めているのが、大豆を主原料とする「大豆米」。糖質制限などに取り組んでいるダイエッターの強い味方でもあります。

 中でも「まるでお米の甘みと歯応え!」と話題を呼んでいるのが、『フジッコ』の「ダイズライス」。このダイズライスと、低糖質・高タンパク質な冷凍宅食「GOFOOD(ゴーフード)」がコラボレーションした冷凍弁当がオンラインショップにて販売開始したのをご存知でしょうか?

 今回、販売されたお弁当は「塩ダレチキンハンバーグ」、「ポン酢鶏もも肉ステーキ」、「砂ぎもスパイスカレー」の3種類。一般的なコンビニ弁当と比較して、糖質は脅威の90%オフ、タンパク質53%アップを実現した、まさに食事制限中の人にとって夢のような商品なのです。

糖質90%オフ、タンパク質53%アップのお弁当は美味しいのか?

 糖質が多く含まれるお米の代わりにダイズライスを置き換え。初めて食べましたが、お米を食べているようなモチモチ、プチプチの食感。大豆の香ばしい風味が満足感を誘います。玄米ご飯を食べているような感じで、個人的には気に入りました!

 まずは「塩ダレチキンハンバーグ」(405Kcal、タンパク質36.4g)から食べてみました。もう存在感がスゴイ。ハンバーグは分厚く、迫力のある大きさですし、食感も肉肉しくて旨味もたっぷり。お腹にしっかり溜まるボリュームです。

 ダイエットの天敵かと思われていた鶏もも肉も、余計な油分をカットしているのでとてもヘルシーにいただけます。「ポン酢鶏もも肉ステーキ」(450Kcal、タンパク質33.4g)は、ポン酢で味付けしたあっさり味で、もも肉のジューシーさもしっかり感じられます。この食べ応えは、食事制限している者にとってはかなり嬉しいです。

 個人的に一番好みだったのが、「砂ぎもスパイスカレー」(250Kcal、タンパク質31.1g)。スパイスが刺激的で、トマトの酸味も心地よい夏向きなテイストです。ダイズライスとの相性が良く、砂肝のコリコリっとした食感で満腹感もありました。

 食べたい時に電子レンジで温めるだけでOKという手軽さも最高! ボリュームもあり、しっかり満足感を得られる味付けなので、何度も食べたくなる完成度の高さも魅力でした。各冷凍弁当は1~4週間に1度、好きなタイミングでの定期配送が可能です。気になる方はぜひ、「ゴーフード」の公式サイトをチェックしてみてください。

(撮影・文◎亀井亜衣子)

●DATA

GOFOOD

https://gofood.jp

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/8 10:48
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます