薬丸裕英、手術の可能性示唆 ばね指の痛みが再再発「オペは避けたい。。」

拡大画像を見る

 タレントの薬丸裕英が7日、ブログを更新。以前から悩まされている「ばね指」が「再々発」したことから、今回の治療で効果がなければ手術を受けることになると明かした。

 薬丸は以前から「ばね指」という、指の曲げ伸ばしで痛みや引っかかりを覚える症状に悩まされていた。

 そんな「ばね指」が「再再発」したといい「激痛の注射を和らげるために塗り薬麻酔を先生にお願いしました」と、注射の痛みを抑えるために麻酔を塗っている手のひらの写真をアップした。

 「今回は点滴と注射。今までとは違う治療」とこれまでとは違う治療を行ったというが「先生といろいろとお話させて頂き、今回で改善されなければ手術ということになりました」と今後の手術の可能性も示唆。「オペは避けたい。。。」と正直な気持ちも吐露していた。

関連リンク

  • 7/8 10:19
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます