「中条あやみVS波瑠」食傷の医療ドラマで内容よりも注目の“微バスト”対決

拡大画像を見る

 今期夏ドラマで“微バスト”女優対決が勃発している。

 7月4日から放送がスタートした日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)では、中条あやみが登場。ヒロインの新人研修医・弦巻比奈役を演じている。一方、6月21日から放送がスタートしているのは、同じ緊急救命ドラマの「ナイト・ドクター」(フジテレビ系)だ。こちらは波瑠が、救命救急センターの夜間診療専門チームで働く医師・朝倉美月を演じる。

 どちらも今、流行の“医療ドラマ”で、少々マンネリ感も否めないが、ファンの注目はもはやドラマの内容よりも、ヒロインのバストに集まっているとか。

「正直、同じジャンルのドラマが重なることで視聴者も食傷気味になっていることは確かです。チームで様々な事故現場に立ち向かっていくというストーリーはどちらも同じ。ならば男性視聴者は、ヒロインのかわいさや艶シーンで楽しもうというわけです。今回は波瑠と中条がメイン扱いとなっていますが、どちらもなかなかの“微バスト”。大きな胸が好きな男性視聴者にとっては少々物足りないものの、小ぶりなバスト好きにとっては嬉しい限りでしょう。残念なのは医療スクラブ姿が多いため、なかなか肌見せされないところでしょうかね。そのため今後は、クローズアップされるプライベートのシーンなどに注目が集まりそうですね」(テレビ誌ライター)

 ネット上では「季節がら、薄着のシーンを期待したいな。あやみちゃんのBカップバストが見たい!」「どっちのドラマも微バストファンにとってはたまらない。TOKYO MERには菜々緖も出てるし最高としかいいようがないw」「今のところ、中条あやみ、菜々緖、石田ゆり子が出ているTOKYO MERの方が楽しみ。美脚もさらしてくれないかなぁw」「波瑠のオフシーンももっと見たいな。どんな薄着で登場するか楽しみ」などといった内容の声が寄せられている。

 ドラマの見方は人それぞれだが、一見、視聴率には反映されないであろうヒロインの“微バスト”に、ここまで注目が集まっているとは、一部熱烈ファンの世界は奥深いものである。

(ケン高田)

関連リンク

  • 7/8 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます