城島茂が大ガッカリ『鉄腕ダッシュ』草間リチャが超えられない「森本慎太郎の壁」

拡大画像を見る

 Aぇ!Groupの草間リチャード敬太(25)が7月4日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で残念な食レポを連発し、ネット上で落胆の声が相次いでいた。

 この日は、DASH島を舞台にした釣りバトル“SHIMA-ONEグランプリ”を放送。2時間の制限時間内に1番大きな魚を釣った優勝者が全員の魚を独り占めできるというルールで、草間、TOKIOの城島茂(50)、国分太一(46)、SixTONESの森本慎太郎(23)が釣りバトルを繰り広げた。

 それぞれが島内の釣りポイントに散らばる中、草間は砂浜側の沖にある岩礁に移動して釣りを開始。釣り初心者ということもあってアタリに気づかないというミスもあったが、28センチのカワハギを見事にゲットすると、ほかにそれ以上の大きさの魚を釣り上げた人はおらず、草間の優勝となった。

 さっそく、メンバーはそれぞれが釣った魚を調理して草間に食べさせることに。城島がムラソイの切り身をあぶって草間に提供すると、国分や森本からは「うまそ~!」「絶対にうまいよ」という声が上がったが、それを口にした草間は「なんやろ? 俺、これ食べたことある味です。ああ、なんなんやろ」と言いつつも、結局、「分かんないです」と語り、国分から「食べたことあるんでしょ?」とツッコまれていた。

 続いて、国分の釣ったカサゴの刺身が出されたところ、草間は「うまいっす!」とその味をかみしめたが、「でも、違いが分からない」とまたもや食べさせがいのない食レポを披露。そして、最後は草間の釣ったカワハギのおつくりが登場。カワハギといえば、濃厚な肝が美味とされているが、草間はそれが苦手らしく、「(肝を食べるのは)無理そ~!」と悲鳴を上げた。

 肝を回避すると、刺身にチャレンジしたが、草間は「僕、さっき、これ食べました?」とトンチンカンな感想を述べ、城島から「なんでやねん! いま初めてやで!」と、あきれ顔でツッコまれていた。

■森本慎太郎は完璧な食レポ

 こうした草間の味オンチぶりに、城島や国分だけではなく、視聴者もあきれ返ったようで、ネット上では「リチャの食レポがポンコツすぎるw」「リチャはもうちょい食レポ頑張らないとね」「リチャの課題は食レポだな」「草間に食レポは期待できない」などといった反響が相次いでいた。

 そんな草間とは対照的に、バツグンの食レポ力を見せつけているのが森本だ。6月6日の放送回で“ティラピアのとり天風どんぶり”を食べたときには、「(外来種であるティラピアの)味はちょっと肉っぽいじゃないですか。でも魚だからヘルシーで、これひとつで女性の方とかは大喜びだと思います」と女性の好みを意識した、見事なコメントを残した。

 また、6月13日の放送回で“ミシシッピアカミミガメのシチューのパイ包み焼き”を提供されたときは、「おいしいですね。くさみもなくホロホロしてるけど、筋肉の部分はしっかり残ってて歯ごたえがありますし、味もしっかり染み込んでいる」「ずっと噛んでいると旨みも出てくる」と食感を交えた食レポを披露し、視聴者の間でそのスキルの高さが話題となっていた。

 今回の釣り対決でも、釣り竿から目を離し、アタリに気づかないという失態をおかしていた草間。森本とともに、『鉄腕ダッシュ』におけるTOKIOの後継者として有力視されているが、すっかり差をつけられてしまってようだ。

関連リンク

  • 7/8 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • おやぢ

    7/11 9:20

    この人のマイペース?な所は、個人的には器用に立ち回る人より面白いと思うけどw

記事の無断転載を禁じます