「90万円」フジ井上清華アナ好調の裏で…“ステマ戦犯”がネットニュース担当に!

拡大画像を見る

 4月15日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が、フジテレビの女性アナウンサーらによる“ステルスマーケティング疑惑”を報じてから約3か月が経過した。

 問題の女子アナたちは美容室に通い、無料で施術を受ける代わりに同店のインスタグラムに自身の写真を掲載することを許諾する、それがステマではないか、という疑惑を報じられた。

「ただ、最も頻繁に美容室に通い、約90万円分の施術を受けていたという井上清華アナ(26)には意外と大きな影響はなさそうです。というのも、『めざましテレビ』は井上アナがメインキャスターに就任して以来、以前にも増して好調のようなんです」(芸能記者)

 井上アナは、3月29日から『めざましテレビ』の8代目メインキャスターに就任。6月29日の『デイリー新潮』によると、井上アナがメインキャスターに就任してから『めざましテレビ』の視聴率は上がっており、日本テレビの絶対的エース・水卜麻美アナ(34)がメインキャスターに就任した同時間帯の『ZIP!』を引き離しつつあるという。

「ただ一方で、やはりステマ騒動はフジテレビに大きな影を落としています。というのも、フジテレビ女子アナのステマ疑惑を外部に漏らした“リーク犯”が久代萌美元アナ(31)ではないかと、6月30日の『東スポWeb』が報じましたからね」

 久代元アナは、7月1日発令のフジテレビ局内の人事異動でアナウンス室を離れ、ネットワーク局に異動している。

「久代元アナが“リークした”ということはさすがにないと思われますが、アナウンサーとしてバリバリ活躍し、人気もあった彼女の異例の異動には驚きましたよね」(前同)

 そんな中、ステマ騒動の影響を受けたアナウンサーがもう1人いるという。制作会社関係者は言う。

「それは、野島卓アナ(54)ですよね。野島アナは2019年7月にアナウンス室部長に就任しましたが、今回の人事で、アナウンサーと兼務で報道局の仕事もすることになったんです。

 野島アナに代わって、初期の『とくダネ!』のアシスタントを務め、現在も『ワイドナショー』などに出演する佐々木恭子アナ(48)がこれまでの『編成制作局 アナウンス室部長職 チーフアナウンサー』から『編成制作局 アナウンス室部長職兼部長』に就任しました」

■“ステマ火消し”奔走の野島アナは7月人事でネットニュース担当に

 野島アナといえば、今回の女子アナによるステマ疑惑で火消しに奔走したといわれている。

 野島アナはアナウンス室の部長として、問題が取り沙汰された7人の女子アナに事情聴取を行ったという。また、ステマ疑惑を重く見た野島アナは、インスタに掲載している写真の削除や口外禁止のお願いと10万円のギフトカードを渡しに美容室に赴いていたとも『週刊文春』では報じられている。

「フジテレビ内部には、野島アナの動きが報じられ、騒動がより大きくなってしまったという見方もあったんです」(前出の制作会社関係者)

 そんな野島アナだが、7月から報道局兼務という肩書になり、どのような仕事をしているのだろうか。前出の制作会社関係者は続ける。

「主に『FNNプライムオンライン』というネットニュースを扱う部署の仕事をしているそうです。これまでフジテレビでは、報道局の政治部や社会部などの記者が取材してきた映像や入手した証言などを地上波やBSの報道番組で扱ってきましたが、報道番組が少ないこと、尺の問題もあり、そのすべてを放送にのせることはできていませんでした」(前同)

 せっかく映像や証言を入手しても、日の目を見ることができない取材データもある、というのは報道機関ではよくある話だ。

「しかし、『FNNプライムオンライン』という受け皿ができて、ネットニュースとしてこれまで活用できていなかった取材データ、映像もどんどん発信していくことができるようになったんです。実際、『FNNプライムオンライン』の記事は『Yahoo!ニュース』にもよく掲載されていて、売り上げを伸ばしている部門でもあるんです」(同)

■野島アナの役割変更は粛清か、栄転か……

 フジテレビ内部でも、今後は同部署により力を入れていこうという動きがあるという。

「これまでは“地上波の番組が一番大切”という考えもあり、そこに注力して若手の人材を投入していたんです。ですので、『FNNプライムオンライン』は、少し前までは年配のベテラン局員が担当していた部署でした。ところが、テレビ局でもネット関連の事業が伸びていくということも明らかになり、大切な部署の1つとして、さまざまな改善をしていくべき、となっているといいます。

 野島アナは現在、この『FNNプライムオンライン』の仕事を担当しているそうで、アナウンス室と“兼務”という肩書ですが、ほぼこの部署の仕事がメインだそう。アナウンサーの仕事も振られればやるのでしょうが、実際は『FNNプライムオンライン』での業務がほとんどのようですよ」(前出の制作会社関係者)

 放送作家はこう話す。

「野島アナについては、やはりステマ騒動での対応が悪かったから今回の異動につながったのではないか、という見方もあります。アナウンサーという出役の仕事を30年以上続け、アナウンス室部長まで務めた人が54歳にして新たにネットニュースの仕事をするのは“しんどいのではないか”、“ステマの責任をとらされたのではないか”と言う人もいますね」

 一方で『FNNプライムオンライン』も、成長の見込める部署でもある。

「そのため、報道番組も担当していた野島アナだからこそ、より多くの収益を出していけるように改革に取り組んでほしい、という期待も込めた人事なのではないか、という見方もあります。

 ただ、そもそも、テレビ各局ではアナウンサーの仕事がどんどんなくなる、とも言われています。今回のフジテレビの人事でも久代アナをはじめ、6人のアナウンサーが別部署に異動していますからね。

 フジテレビではアナウンス室の大リストラ、“解体”を行なっているともささやかれていて、当のアナウンサーたちも“自分たちはいったいどうなってしまうのか……”と戦々恐々としているといいますね」(前同)

 アナウンス室部長の座を降り、現在はネットニュース部門の仕事をこなしているという野島アナのように、“アナウンサー”のまま定年退職を迎えられることは、なくなっていくのだろか――。

関連リンク

  • 7/8 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます