小野花梨、同世代の役者の演技に刺激「すごく面白かった」

拡大画像を見る

浅川梨奈と飯島寛騎がW主演を務める『悪魔とラブソング』(全8話)が、Huluで全話一挙独占配信中。小野花梨演じる、マリアに反発する女子のリーダー格・中村亜由のキャラクター映像が解禁、さらに小野のインタビューが到着した。

集英社の少女マンガ誌「マーガレット」とHuluがタッグを組み、不朽のマーガレット作品を継続的に連続ドラマ化&Huluにて独占配信される珠玉の恋愛ドラマシリーズ「マーガレット Love Stories」。本作は、“悪魔のような”転校生マリア(浅川)がクラスにやってきたことで、“ワケあり”クラスメイトたちの偽りの平和な日常が壊されていき、それぞれが本当の自分と向き合っていく様を描く、異色の音楽青春群像劇。

亜由はクラスの派手な女子グループの中心人物で、転校してきたマリアの言動が気に入らず、友人の甲坂友世(山之内すず)を使ってマリアへ嫌がらせを仕掛けていく。しかしその行動は自信のなさの裏返しで、虚勢を張ることで自分を保とうとしていた。さらに、恋心を抱く神田優介(奥野壮)への思いも伝えられずにいて……。そんな複雑な内面を持つ亜由が、マリアと過ごすうちにどのように変化していくのか注目だ。

インタビューでは、自身が演じた役や撮影の思い出、お気に入りのシーンについて振り返った。

<小野花梨 インタビュー>
――亜由を演じる上で心がけたことはありますか?

撮影前に、監督と感情を分かりやすく表現するようにしようと話していたんです。私はこれまで学園ものや原作ものの作品にあまり挑戦したことがなく、難しく感じる部分でもあって。「これはやり過ぎかも」「ここはもうちょっと振り切っちゃっていいかな」と、探りながら演じていました。お芝居の幅の調節は、一番意識したところです。

亜由はマリアに対して最初の方は意地悪なことをしますが、マリアと接することでどんどん変わっていきます。後半の部分でちゃんと説得力が出るように、嫌われ過ぎないために愛される部分を残すなど、バランスを意識しました。監督と一つひとつ話しながら丁寧にキャラクターを作っていきましたが、そこはすごく難しかったです。

――ドラマの中で、特に印象に残っている台詞はありますか?

私は、第6話の教室のシーンで、クラスメイトに謝罪したハナちゃんと、それを受け入れないクラスメイトに対してマリアが言う「たとえ罪を犯しても、やり直すことができる」という言葉がすごく好きです。それは、みんなで歌う「アメイジング・グレイス」の曲の意味でもあって。ハナ役の吉田志織さん、マリア役の浅川梨奈さんのお芝居も本当に素晴らしくて、私は教室の後ろの方で客観的に見ていましたが、すごくステキなシーンだなと印象に残っています。

あと、第5話のマリアと亜由のシーンで、マリアが亜由に向かって問いかける「お前の満足する顔はどんな顔だ? みんなに好かれるような顔か? 私は今のお前の顔は嫌いだ。自分の気持ちに嘘をついてる奴の顔が、好きな人間なんているのか?」という台詞は、特に心に刺さりました。亜由の心のモヤが吹っ切れて物語が進んでいくカギとなるシーンで、監督もここは「すごく大事にしたい」とおっしゃっていて。監督も浅川さんも私も、みんなの気持ちがグッと入っているシーンなので、ぜひ注目してほしいです。

――作品を通して、自身が成長したと感じる部分はありますか?

たくさんありますね。私は同年代の俳優さんとガッツリご一緒するのは、今回が初めてだったんです。最初は不安がありましたが、いざ作品に入ってみると全然そんな心配のいらないぐらい、みんな良い方ばかりだし、真面目だし、明るいし。不安に感じていた気持ちがすっかり消えてしまったのは、嬉しい変化でした。

また、同世代の役者の皆さんの演技を見て、刺激を受ける部分も多かったです。みんな、それぞれやり方が違うので、すごく面白かったですね。みんな悩み、苦しみながら演技に向き合っていって。私もそうなので、自分だけじゃないんだと思えて、すごく救われましたし、嬉しかったです。役と一緒にみんなで仲良くなって、成長できた充実した現場でした。現場で役とリンクとしながら自分自身も成長できるのは、学園ドラマならではかもしれないですね。

――最後に、視聴者へのメッセージをお願いします。

生きていて、悩むことや不安に思うことは、たくさんあると思います。この物語は、主人公のマリアが半ば強引に周りを変えていきますが、マリアの力強い生き方は、そんな悩んでいる人たちの背中を押してくれます。また、登場人物の恋をベースに物語が進んでいくので、みんなの恋の行方も見どころ。この作品に出てくるキャラクターたちは、相手に真っ直ぐ「好きだ」と思いを伝えますが、それってなかなかないことなんじゃないかと、私にはすごく新鮮で。でも、そういう真っ直ぐに人を思う気持ちは、すごく尊い大切な感情だと、改めて気付かせてくれる作品だと思います。

関連リンク

  • 7/8 7:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます