幸楽苑、「伸びにくい麺」を新開発 デリバリー・テイクアウトに最適

拡大画像を見る

 幸楽苑ホールディングスは7月6日から、新たに開発した「伸びにくい麺」を幸楽苑の全店舗に発送し、順次導入していく。

 伸びにくい麺は、新型コロナ禍におけるデリバリーやテイクアウトへのニーズの拡大を受けて開発された。
 自社工場で製造している麺の弾力を、従来の麺と比較して約9%高めるとともに、硬さを約40%高め、さらに食感を向上させている。

関連リンク

  • 7/8 6:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます