ホンネが読めない…!あなたの【目の奥が笑っていない人度】チェック

本音が読めない人といえば、「口は笑っているのに目の奥が笑っていない人」がいます。
自分の身の回りにいる人も思い浮かべる人も多いかもしれませんが、意外と自分自身が当てはまることも少なくないものです。

そこで今回は、あなたの目の奥が笑っていない人度をチェックしていきます!

(1)お世辞をよく言う


目の奥が笑っていない人は、人と接する際に常にお世辞をよく言う傾向にあります。
お世辞を言って適当にごまかして接する癖がついているので、それに合わせて作り笑いも癖づいているのかもしれません。

条件反射のようにお世辞を言うことで、いつもごまかしている……。
そんなふるまいが多い人は、周囲から怖いと思われている可能性大なので要注意です。

(2)写真に写る笑顔がいつも同じ


自分が写っている写真を見てみましょう。
同じ笑顔ばかり……と思ったら、かなり作り笑いが癖づいてしまっている可能性があります。

そして周りからは、目の奥が笑っていない人と思われているかもしれません。
口だけ笑って目は笑っていないと、どうしてもサイコパス的な怖い印象になりがちです!

(3)いつも疲れている


目の奥が笑っていない人は、常日頃から疲れている傾向にあります。
肉体的に疲れているというより、深刻なのは精神的な疲れです。

ストレスが多い、常に不満ばかり感じている……そんな点に心当たりのある人は、目の奥が笑っていない人度高めなので要注意。

(4)ストレスを我慢しがち


目の奥が笑っていない人は、普段からストレスを我慢しがちです。
ストレスを自分の思うがままに発散することができず、抑え込むことでなんとかやりすごしています。

そんな状態が続けば、さらにストレスが増大するのは明らかでしょう。
そして目の奥が笑っていない人度も高まり、「笑顔の怖さ」もどんどん強まってしまいます。


私ってもしかして目の奥が笑っていない人かも……と思ったら、まずは目の奥が笑っていない人度をチェックしてみてください。
自分の精神状態には意外と気づけないことも多いので、目の奥が笑っていない人度からストレスの多さを測っていきましょう!

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/7 19:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます