脇毛やすね毛もありのままの20歳学生、SNS投稿に賛否「私も剃るのを止めた」「見たくない」(米)

拡大画像を見る

米バージニア州リッチモンド在住のバーバラ・ハーバーメールさん(Barbara Hovermale、20)は、自らを男とも女とも位置づけしないノンバイナリーの学生で、TikTokのフォロワーは7万5千人を超えている。

バーバラさんの人気の秘密は頻繁に投稿している動画で、脇毛やすね毛、それにちょっぴり太めの身体を堂々と見せ「自然が一番。自分を愛そう」とのメッセージを発信している。

もともと毛深かったバーバラさんが体毛を剃り始めたのは9歳の時で、2~3か月に一度は気になる部分を剃ってきた。そして競泳選手として活躍するようになると毎日、体毛の処理に追われたという。

「ずっと『剃ることを止めたい』と思っていたけどできなかったの。でも『体毛なんて気にしない』と言ってくれるパートナーが現れて、私は変わったのよ」と明かすバーバラさん。これまでの自分の経験を次のように述べている。

「実は2019年にまず、脇毛を剃るのを止めたのよ。そして昨年初めに、すね毛もそのままにすることにしたの。本当は2018年には止めたかったのだけど、当時付き合っていた人が嫌がったのね。」

「その後、今のパートナーのジェイヴィアン(Jayvien)に出会って、『それで君が幸せなら剃らなくていいんじゃない?』と言ってくれたわ。体毛を剃らないってことは快適だし、気分はいいし、体毛を見ているだけでも幸せになれるの。」

「体重もここ1年で7キロ近く増えたわ。でも太っているからダメってことはないわよね。私は自分を誇りに思っているし、自信もあるのよ。」

そんなバーバラさんのTikTokはかなり過激だ。ある動画では「とてもソフトなの」と言いながら伸び放題のすね毛に櫛を入れ、波のような模様を作っていく。またジェイヴィアンさんと自分の脚を並べて「私のすね毛のほうがすごいわよね」と言ってみせる。

それだけではない。伸びた脇毛やポッコリと出たお腹、へその下から真っすぐに生えた体毛を惜しみなく見せ「自然体…。これって普通になるべきよね」と発言する。

大胆なバーバラさんの動画は常に物議の対象となり、このようなコメントがあがるのだ。

「やり過ぎでしょう。何事も限度ってものがあるのよ。」
「絶対ノー。」
「こんなの見たくなかった。」
「もっと慎ましくすべき。」
「これはポジティブなんかじゃない。自己管理ができないセルフネグレクトだよ。そのうち、自然体とか言ってシャワーも浴びなくなるのでは?」
「これぞ怠慢。開き直っているだけ。」
「自分が気に入ってるならいいのでは?」
「私はすね毛を剃ってるわ。だってあなたのような勇気がないの。」
「彼氏が寛容すぎる。」
「彼との関係が良好ってことよね。」
「私はいいと思うわ。」
「自分に自信があるのがよくわかる。」
「素敵だと思うよ。」
「私もあなたを見て剃ることを止めた。」
「あなたの姿を見て、初めてビキニを着た。」
「着飾らないのがいいよね。」

そしてバーバラさん自身は、これらのコメントに対しこのように述べている。

「嫌なコメントがあるのは知ってるわ。でも気にしないの。ボディポジティブな私を見て、少しでもインスパイアされる人がいてくれたら嬉しいわ。だってそれがTikTokを始めたきっかけだから!」

ちなみに最近のTikTokで「超ポジティブ!」と話題となったのは、自らのことを“歯のないプリンセス(Toothless Princess)”と呼ぶ36歳の女性だ。女性は総入れ歯、ウィッグ、そしてメイクを駆使してSNSにビフォーアフターを投稿し、多くの人に元気を与えていた。

画像は『barb 2021年2月5日付Instagram「quit turning off ur comments.」、2021年6月29日付Instagram「my luv」』『barbie 2021年2月26日付TikTok「Reply to @finch.69 summer 21」、2021年2月28日付TikTok「Reply to @chris_young_ @hijayvn」、2021年4月19日付TikTok「Reply to @stinky.sewer.bitch」、2021年1月21日付TikTok「#stitch with margaretelizabeth」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 7/7 21:52
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます