3K(高学歴・高身長・高収入)はもう古い!幸せを掴むなら「コレ」をみよ♡

拡大画像を見る

結婚に必要なのは3K(高学歴・高身長・高収入)と言われていた時代。しかし本当に高学歴・高身長・高収入がそろっていれば、幸せな結婚になるのでしょうか。
一昔前はそう考えられていたかもしれませんが、今の時代はもっとほかに要素があるのかも。そこで今回は結婚に必要な男性の要素を、3つご紹介します!
ひとつの考えに縛られず、自分らしい結婚の基準を考えてみましょうね。


高学歴・高身長・高収入は古い?

高学歴・高身長・高収入は、もちろん今の時代でも十分に通用します。高学歴であればさまざまな分野に知見があり、ひとつの分野では専門的な知識が備わっているでしょう。柔軟な考え方ができ、経験もたくさんあると思います。
そして高収入であれば、一般的な幸せな家庭を築ける可能性が上がりますね。お金に困らず子育てもできます。お金の余裕は心の余裕とも言いますし、家庭の人間関係やQOLも上がるでしょう。
高身長に関しては、今の時代はあまり関係ないかもしれません。ルックスが良い男性を重要視する女性は、大きなステータスになると思います。しかしこれらの3つは他人に紹介する上での話。では実際に二人で過ごすとなれば、必要となるものは変わるでしょう。


結婚に求められるのは責任感

結婚にふさわしいのは、責任感のある男性。簡単に逃げず、問題解決能力があり、柔軟な思考能力を持つ人間でしょう。責任感がなくてすぐに逃げるのなら、安心して家庭が築けません。ここは高学歴に通じるものがありますね。


対人関係も良い人格者を見極める

高学歴でも、人格者でなければ家庭は苦しいでしょう。いくらお金に余裕があっても、相手が感情制御が下手であれば、精神的な負担は大きくなります。そうなると低収入でも、一緒にいて楽しい男性を選ぶのもひとつの手です。


外面だけではなくあなたに対しても人格者か

責任感があって対人関係が良くても、あなたに対しても人格者であるのかが重要です。世の中には、外面だけは良くて家庭内ではとんだ亭主関白になる男性も多くいます。それらを見極めるのが、結婚において大事になってくるでしょう。(笹原ゆゆ/ライター)(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/7 21:45
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます