視聴率イマイチのドラマ「ネメシス」それでも映画化で嵐メンバー出演へ

拡大画像を見る

 6月13日、ジャニーズ事務所の人気グループ・嵐の櫻井翔(39)と女優・広瀬すず(23)のW主演ドラマ『ネメシス』(日本テレビ)が最終話を迎えた。視聴率の面では苦戦を強いられ、第1話こそ11・4%と2桁を記録したが、その後は伸び悩み、最終話の視聴率は8・6%という結果に終わったこのドラマだが、かねてから噂のあった「映画化」の話はまだ生きていると言われている。

※動画は「taishu.jp」で

 この『ネメシス』映画化について、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』で徹底分析された。

 座談会では、映画化に際して噂されている「あのグループメンバー出演」について、また『ネメシス』とは違い好評だった日テレ系ドラマの「“狂気”の中身」について、さらにこのドラマのプロデューサーを務める人物の「櫻井との意外過ぎる接点」についても話はおよび、白熱のトークが展開された。

 出演は、タレントの小林アリスさん、芸能リポーターの佐々木博之氏、またメディアジャーナリストの浦憲三氏が音声のみで参加し、司会と進行をAKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏がつとめた。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/Y8g-oyanyIs

関連リンク

  • 7/7 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます