古市憲寿氏 東京への緊急事態宣言「馬鹿なのかな」という感想しかない

拡大画像を見る

 社会学者の古市憲寿氏が7日、ツイッターに新規投稿。「東京に本当に緊急事態宣言を出すのなら『馬鹿なのかな』という感想しかない」と投稿した。東京は7日の新型コロナウイルス新規感染者数が920人となり、感染増加傾向が続いている。

 古市氏は「本当に東京に緊急事態宣言を出すのなら『馬鹿なのかな』という感想しかない。ウィズコロナ派からは『病床使用率を見ろ(医療体制を改善せよ)』『前回の検証は済んだのか』と反論されるだろうし、ゼロコロナ派からは『だったらオリンピックも止めろ』と反感を買うだろう」と指摘した。

 東京都は7日、新型コロナウイルス新規感染者数が920人と発表した。900人超は5月13日以来。

関連リンク

  • 7/7 20:25
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 玉葱

    7/9 21:05

    実際に政治家がやる事と、やらなきゃ行けない事が別物。だからブレるって事だわね。11月を見据えて邪念が入るから、判断のし方もブレる。今更になって十万円再給付の話もチラつかせ始めてるし、国の事、国民の事を本筋に置いてない、政権の争奪戦としか考えてないから布石のし方もブレるって事だわ。

  • こうなればオリンピックはバブル方式になるわな😶バブル方式にする為の大義名分かな

  • いち(

    7/9 9:13

    1000人ぐらいがデフォルトと考えといたらええじゃないのかな。

記事の無断転載を禁じます