無免許事故の木下ふみこ都議 新会派「SDGs東京」立ち上げ 都民ファ除名から2日

拡大画像を見る

 4日の東京都議選で当選した後に、選挙期間中の2日に、運転免許停止中の状況で人身事故を起こしていたことが明らかとなり、都民ファーストの会を除名された木下富美子氏(54)が、1人で新会派「SDGs 東京」を立ち上げたことが分かった。

 東京都議会の公式HPの議員欄に、「無所属(SDGs 東京) 木下ふみこ」と記載されている。併記されている木下都議のHPはダウンし、閲覧できない状態が続いている。

 警視庁が自動車運転処罰法違反(過失傷害)や道交法違反(無免許運転)の疑いで捜査している。

 木下氏は「停止期間が終わったと勘違いをしていた」と釈明している。

関連リンク

  • 7/7 20:05
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • いち(

    7/8 12:29

    免停期間の間違いまぁ、100歩譲ってあるかもしれん、その前に免停食らうような人が都議とはトホホやね。

  • 離党したら議員も辞めるだろ⁉無免許運転❔呆れてものも言えない‼

記事の無断転載を禁じます