吉田類「酒場放浪記」放送18年・千回舞台裏「実は全員で飲みながら」ATP賞特別賞

拡大画像を見る

 酒場詩人の吉田類(72)が7日、都内で行われた全日本テレビ番組製作社連盟主催「第37回ATP賞テレビグランプリ」受賞式に出席した。

 大衆酒場に精通している吉田が、首都圏各地のレトロな居酒屋を巡るBS-TBSのドキュメンタリー番組「吉田類の酒場放浪記」が特別賞を受賞。番組開始から18年目を迎えた今年は、放送1000回の大台に達した。

 吉田は「1000回以上続いたのは、もちろんスタッフの力もありますが、酒の力なんですね。実は全員で飲みながらやってます」と制作の舞台裏を明かし、「番組をこんなに楽しんでやっていいのかと思うんですが、楽しんでるのを見て楽しんでいただけているので、これからもずっと続けていきたいと」と意欲を示した。

関連リンク

  • 7/7 20:02
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます