飯豊まりえ“つぐみ”、鳥居みゆき“クレーマー”にイラッ!?赤提灯で一人飲みデビュー

拡大画像を見る

鳥居みゆきと玉袋筋太郎が、7月8日に放送される飯豊まりえ主演『ひねくれ女のボッチ飯』(テレビ東京系、毎週木曜24:30~)の第3話にゲスト出演する。

グルメ系SNSで偶然繋がったひねくれ女と悩める男。二人は会えないながらも惹かれあい、やがて“一人飯”にハマっていく。シュールでほっこり癒し系グルメドラマ。飯豊は、人づきあいが苦手で友達もいない、ひねくれ女・川本つぐみを演じる。柄本時生が「ホワイトホース」というアカウント名でSNSに食事の写真を投稿する男・白石一馬を演じる。また、人気声優の下野紘が“ホワイトホースの声”として出演する。

初回は、第1話と第2話が一挙に放送。飯豊演じるつぐみの心の声について、SNS上では「ちょうどいいボヤき加減で面白かった」「飯豊まりえさんの食いっぷりがいい笑」「心の声がホント楽しくてあっという間」といった声があがっていた。

<第3話あらすじ>
バイト先で理不尽なクレーマー(鳥居)達に絡まれたつぐみ(飯豊)。

同じ頃、ホワイトホースこと白馬の王子(柄本)も理不尽な思いをインスタに吐露していた。王子を癒やしたのは、つくねやモツ煮込みなど、とある居酒屋の赤提灯メニュー。居酒屋にトラウマがあるつぐみは躊躇しつつも、思い切ってその店を訪れる。

すると苦手なカウンター席に通され、連客の長さん(玉袋)にからまれたりして……。

<今宵のホワイトホースの一言>
~人は皆花である。僕は、どんな虫も追い払うことはしない。なぜなら僕は、花だから。たとえ、誰の目にも留まらなくても~

関連リンク

  • 7/7 17:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます