日向坂46加藤史帆、乃木坂46齋藤飛鳥&遠藤さくらの印象は?“坂道選抜”裏話明かす

【モデルプレス=2021/07/07】日向坂46の加藤史帆が6日、ラジオ番組『レコメン!』(文化放送/毎週月~木曜よる10時~)に出演。3日に放送された日テレ系夏の音楽の祭典「THE MUSIC DAY」での“夢の坂道選抜”を振り返った。

◆加藤史帆、“坂道選抜”を振り返る

同番組内の“夢の坂道選抜”と題した、乃木坂46・櫻坂46・日向坂46のセンター経験者によるコラボレーション企画に参加し、乃木坂46の「おいでシャンプー」、「シンクロニシティ」を披露した加藤。

このことについて話を振られると加藤は「とんでもない緊張しました。紅白歌合戦くらいの緊張でした」と振り返った。

「おいでシャンプー」では、乃木坂46の齋藤飛鳥と遠藤さくらに挟まれていたことから「お2人とも小顔で、オセロ的にいったら私も小顔になれるって考えてました。美しくて良い香りがして楽しかったです」と齋藤と遠藤への印象を語った加藤。

また、パーソナリティを務めるオテンキ・のりに「お話とか出来るものなんですか?」と聞かれると加藤は「なかなか出来なくて、でも乃木坂さんでいうと山下美月ちゃんが同じCanCamの専属モデルなので友達なんですけど、お話して楽しかったです」と山下美月と会話したことを明かした。

◆加藤史帆の“坂道選抜”トークに反響続々

ファンからは「坂道選抜最高だった!」「あのメンバーは確かに緊張する」「乃木坂曲のパフォーマンス新鮮で良かった」など多くの反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:文化放送

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/7 16:47
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます