指原莉乃も太鼓判を押す≠MEのセンター冨田菜々風とは?

拡大画像を見る

なぜ彼女たちは「センター」に立ったのか⁉
アイドルセンター論
≠ME 冨田菜々風 前編

 2021年4月に1stミニアルバム『超特急 ≠ME行き』でメジャーデビューを果たし、7月には1stシングル『君はこの夏、恋をする』をリリースする≠ME。結成3年目となるグループで表題曲を始め、ほとんどの楽曲でセンターを務めているのが冨田菜々風だ。今回は≠MEのセンターとして注目を集めている冨田について考えていきたい。

 2019年2月に=LOVEの姉妹グループとして結成された≠ME。プロデューサーはもちろん指原莉乃である。グループ名は「今までとは違う自分を経験してほしい」という指原の思いが込められており、ガーリーな王道アイドルを志向する=LOVEとは異なり、≠MEは爽やかな青春感をコンセプトとしてあるようで、ビジュアルイメージやMVにおいても、そのような傾向が感じられる。メジャーデビューを機にさらなる注目が集まっているグループだ。

 ≠MEでセンターを務める冨田は鹿児島県出身の20歳。姉の影響でダンスを習い始め、小さい頃から人前に経って踊ることが好きだったそう。中学生になると芸能界に入ることに憧れを覚え、オーディションを受けたこともあった。高校生の頃にはご当地アイドル「Seven Colors」のメンバーとして活動していた時期があり、定期的な活動を通じて、現在に繋がるパフォーマンスの基礎を築き上げていった。

 2019年1月に=LOVEの姉妹グループオーディションに合格し、≠MEのメンバーとしてデビューを果たした冨田。歌唱力、ダンススキルが高く評価され、同年8月に発表された初のオリジナル曲「≠ME」でセンターに抜擢。

 プロデューサーの指原はSHOWROOMで「絶対センターで、この子が引っ張っていくんだろうなっていうシーンが頭の中で見えていた」と当時の印象を振り返り、中でも冨田の歌声をセンターに選んだ決め手として挙げていた。その後冨田はミニアルバムのリード曲『秘密インシデント』、1stシングル『君はこの夏、恋をする』など多くの楽曲でセンターを務め、グループ初のソロ曲も発表、不動のセンターとしての地位を確立している。

 そんな冨田に対して最初はクールなイメージを抱いていたのだが、メンバー同士でふざけあったり、笑い上戸だったりと、明るく親しみやすい性格の持ち主。『≠ME 先輩、も~っと教えてください!!』(BSスカパー!)では珍回答を連発、『イコノイ、どーですか?』(TBS系)の自己アピール企画でも「世界で一番上手にハッとします」というシュールなネタを披露するなど、近頃はバラエティでも頭角を現しつつある。

 AKB48や乃木坂46、そして姉妹グループの=LOVEとアイドルグループにおける最初のセンターはグループの基調を担うものであり、冨田もまた例外ではない。そこで冨田が自身の強みであり魅力として見出したのが指原も指摘するパフォーマンス力である。後編では≠MEの楽曲で重要な役割を担っている冨田のパフォーマンス力について触れていく。

関連リンク

  • 7/7 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます