頑張りすぎは脳のパフォーマンスを下げる。やめるべき3つのこと

拡大画像を見る

◆頑張りに報いる余力がもはや日本社会にはない

 中高年うつの増加や家庭崩壊、過労死、収入減、突然のポストオフや早期退職、リストラなど、頑張りすぎて心身ともにダメージを負ったり、いくら頑張っても報われない状況が常態化して久しい日本のサラリーマン。

 産業心理コンサルタントの舟木彩乃氏は、そんな現状をこう分析する。

「終身雇用や年功序列が定着し、かつては『頑張る』ことで得られる成果がわかりやすい時代でした。しかし今は、頑張っていい会社に入り、人並みに頑張れば安泰という、これまで当たり前だったことがそうではなくなった。多くの人が頑張る目的の迷子になっている状態だと言えるでしょう」

 ただ頑張ることでなんとかできた時代は遠い過去の話なのだ。

「先行きが不透明になってくると、頑張ることへの意味づけがしにくくなる。会社をよりどころに頑張っている人は、いつも会社ごと崩れ落ちる不安と共にあります」

 では、頑張りすぎることはなぜいけないのか。それが脳に与える影響のメカニズムをひも解く。

◆思考や判断を司るワーキングメモリの容量に余力があることが重要

 努力、根性……「頑張ること」が長く美徳とされてきた日本。だが、「頑張りすぎは脳のパフォーマンスを下げて報われない」と話すのは、学習コンサルタントで脳科学に詳しい宇都出雅巳氏だ。

「脳には一時的に情報を蓄えるワーキングメモリと呼ばれる機能があり、思考や判断を担っています。実は、このメモリ容量がとても少ないんです。『あれもこれも』と無理に頑張ったところで、メモリはすぐにいっぱいになってしまいます。

 そうなると、本来使うべき思考や判断にワーキングメモリが使えなくなり、かえって効率が悪くなります。このため、できるだけ余計な頑張りを減らし、脳に余裕を与えるほうが、高い成果を上げることができるのです」

◆もっと柔軟な頑張り方をするべき

 頑張りすぎに陥る背景には、多くの人が既定路線の目標を設定してしまうことがある。これまではよかったかもしれないが、今の社会では難しいとは舟木氏。

「時代に合わせて、もっと柔軟な頑張り方をするべきです。何を頑張るか、まずは期間を区切って目標を決める。目的さえ見失わなければ、今はこのスキルを身につけるために頑張ろうと思える。困難な状況に直面しても、乗り越えるだけの価値や意味がある困難だと思えるかが重要なポイントです」

 また、宇都出氏も頑張りすぎないことの大事さを説く。

「さまざまな実験から『頑張る力』には限界があることが明らかになっています。筋肉と同じで、使うと消耗してしまう。つまり、何かに頑張ると、その分、他のことを頑張れなくなる。

 ダイエットでも、朝昼晩ストイックにやりすぎると結局は続きません。『もっと頑張らないと……』と思っても無理な話なんです。頑張らないほうが、結果的には継続できる、頑張れるのです。頑張る力は有限だからこそ、大切なことに注力し、些細なことはある程度諦めるのも大切です」

◆“悩み”“責める”が生む悪循環のメカニズム

 さらに、悩む、自分を責めることは無駄な頑張りとなり、悪循環に陥ると宇都出氏は指摘する。

「問題を明確にしながら、順を追って答えを導き出していく『考える』のとは違い、『悩む』や『責める』はただ頭の中を堂々巡りするだけ。頑張っているという自己満足は得られるものの、時間の無駄です。逆に脳のパフォーマンスを下げてしまいます。悩みに注意力が奪われてミスを起こしてしまう。ミスを後悔し、さらに注意を奪われてまたミスをするといった悪循環に陥ってしまいます」

 脳が正常に機能せず、その結果、心も消費してストレスを感じるようになるのだ。舟木氏は語る。

「ストレスが蓄積されていくと心身が疲弊し、依存症や人間関係の悪化などの症状が表れます。その状況が改善されない場合は免疫力の低下などから、いろいろな疾病に繫がっていく恐れも。真面目な人ほど自分のストレスに気づかず頑張り続けてしまいます。ストレスチェックテストなどを活用して自分自身のストレスを自覚したうえで、無理のない頑張り方を模索しましょう」

 頑張らない生き方を真剣に考えるべき時代になっているのだ。

◆頑張らないためにやめること

1 些細なことは諦める

2 自分を責めない

3 期間を区切って目標を決める

【産業心理コンサルタント・舟木彩乃氏】
メンタルシンクタンク副社長。産業心理コンサルタントとしても活躍する。著書に『「首尾一貫感覚」で心を強くする』(小学館)がある

【学習コンサルタント・宇都出雅巳氏】
トレスペクト教育研究所代表。脳科学や認知科学の知見を実践に繫いでいる。近著に『ミスしない大百科』(SBクリエイティブ)

<取材・文/週刊SPA!編集部  撮影/武田敏将 林 紘輝(本誌)モデル/梶野 稔>

―[頑張らないで生きる]―


関連リンク

  • 7/7 15:54
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます