ロッキン中止 参加アーティストも無念 King-Gnu井口ら続々SNS投稿

 夏フェス「ROCK IN JAPAN2021」主催者は7日、開催中止を発表した。総合プロデューサーの渋谷陽一氏は公式HPで中止の理由について、茨城県医師会から要望書が届いたことを挙げている。開催1カ月前の突然の中止に参加アーティストからは無念の思いがSNSなどに上がっている。

 「ROCK IN-」は8月7、8、9、14、15日に茨城県国営ひたち海浜公園で開催予定だったが、この日、主催者から中止が発表された。公式HPによると、2日に茨城県医師会の代表者が主催者の茨城放送に要望書を提出。新型コロナの感染拡大に関するもので、主催者側は「医師会からの要請に十全に応えることは今の私たちにはできません。残念ですが中止以外の選択肢はありませんでした」と、長文で中止までの経緯や思いが記されている。

 参加アーティストも無念の思い。ゲスの極み乙女。の川谷絵音はツイッターで「エンタメが死んでいかないように自分ができることは、ひたすら音楽を作っていくことしかないな」と投稿。

 King-Gnuの井口理も「今のこの国にある曖昧なルールと同調圧力。それで守られる人もいれば、殺される人もいる。誰かが不幸になるんじゃなくて、みんなで幸せになる方法はないのかな」とつぶやいた。

 KANA-BOONの谷口鮪も「ロッキン中止、無念ですね。JAPAN JAMも最高だったから、参加者として次に繋げたかった…。一進一退。またみんなと笑い合える日を心から願います!」と投稿、キュウソネコカミのヨコタシンノスケも「悔しくてたまらない。夏が始まらんやないか~」と悔しさをにじませていた。

 サカナクションの山口一郎も「残念です。でも前を向いて進むしかない。茨城県医師会と渋谷さんが誌面かオンラインで対談しても良いと思いますけどね。コロナ禍の音楽的事象として」と投稿していた。

関連リンク

  • 7/7 15:23
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます