松村沙友理、乃木坂46卒業後、ドラマ初主演 『シンデレラ・コンプレックス』7.13開始

拡大画像を見る

 乃木坂46を卒業する松村沙友理が、オリジナルドラマ『シンデレラ・コンプレックス』(Paravi/『プロミス・シンデレラ』初回放送後に独占配信開始)で主演を務めることがわかった。卒業後初主演となる松村は、『プロミス・シンデレラ』(TBS系/7月13日より毎週火曜22時)の舞台となる高級老舗旅館で“もうひとつの三角関係”を繰り広げる。

 本作は、女優の二階堂ふみが主演し、眞栄田郷敦、岩田剛典が共演する『プロミス・シンデレラ』の裏で展開する、もう一つの胸キュンラブコメディ。ドラマ本編では二階堂と眞栄田、岩田の三角関係が繰り広げられるが、本作では、松村を中心とした“もうひとつの三角関係”が描かれる。乃木坂46での活動を7月13日で終了することを発表している松村にとって、本作が卒業後初主演作品となる。

 松村が演じるのは、ドラマ本編の主人公・桂木早梅が働く旅館「かたおか」でともに働く24歳の仲居・坂村まひろ役。まひろは、学生時代に初恋の相手だった元カレに「貧乏くさい」とフラれたことがきっかけとなり、お金持ちと結婚して悠々自適なセレブライフを送るという野望を抱くというキャラクターで、“お金・ライフスタイル・誠実・将来性・人格・価値観”の6項目を、結婚相手に求める譲れない条件として、日々男性たちのスペックを見極めている。そんな中、客として「かたおか」を訪れた資産数十億円と噂されるイケメンデイトレーダーと出会い、さらに、アルバイトとしてやって来た大学生がまひろに一目惚れして…。

 本作には松村のほか、俳優、ミュージシャンとして活躍中の金子ノブアキが、「かたおか」の茶房で働く明るくお調子者のマスター・黒瀬洸也、『魔進戦隊キラメイジャー』(テレビ朝日系)でテレビドラマ初出演にして主演を務めた小宮璃央が、「かたおか」にアルバイトとしてやってきた20歳の大学生・倉持雄吾として出演。さらにイケメンデイトレーダー・上利圭市役で、数多くのドラマや映画に出演する武田航平も出演する。

 松村は、「本編では描かれていないまひろちゃん自身の心の揺れや感情を、この作品を通して皆さんに感じてもらえたらうれしいです! ドラマ本編と合わせてぜひ楽しんでいただきたいです」とコメントした。

 併せて、まひろ(松村)と黒瀬(金子)、倉持(小宮)の3名の姿を切り取った本作のメインビジュアルも公開。まひろと上利と倉持が三角関係に発展すると思いきや、メインビジュアルには上利ではなく黒瀬の姿が…。はたして黒瀬がどのように三角関係に関わってくるのか、展開が気になるビジュアルとなっている。

 Paraviオリジナルストーリー『シンデレラ・コンプレックス』は、Paraviにて『プロミス・シンデレラ』初回放送終了後より独占配信開始。ドラマ『プロミス・シンデレラ』は、TBS系にて7月13日より毎週火曜22時放送。

関連リンク

  • 7/7 13:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます