それってどうなの?と彼女にイラッとされる「聞く態度」9パターン

「彼女のことは大好きだけど、オチのないトークを聞かされるのがつらい…」と感じている男性は多いのではないでしょうか。つねに「聞き上手」でいられたらベストですが、それが無理なら、せめて彼女をイラつかせる態度だけは控えたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「それってどうなの?と彼女にイラッとされる『聞く態度』」をご紹介します。

【1】「ふーん…」とスマホをいじりながら上の空で相づちを打つ
「これじゃ独り言と変わんないよ!とカチンときた」(10代女性)というように、こちらはちゃんと聞いているつもりでも、スマホ片手に話に付き合うのは、やはり心証が悪いようです。通知が気になるなら、一言断ってからチェックしましょう。

【2】「あるある」「分かる分かる」とどんな意見にもとりあえず同調する
「適当に合わせとけばいいや、と思ってるのが見え見え」(20代女性)というように、賛同しておけば万事OKかというと、そう単純ではないようです。「質問を挟む」「驚いてみせる」など、リアクションに変化をつけると、気持ちよく先を続けてもらえそうです。

【3】「それはヤバいね」「ヤバすぎ!」と「ヤバい」の一言ですべてを表現する
「全部『ヤバい』で片付ける彼氏がバカっぽく見えた」(10代女性)というように、いい意味にも悪い意味にも使える「ヤバい」を多用するのも呆れられそうです。癖になってしまっているなら、「ヤバいは禁止!」と意識して直す必要があるでしょう。

【4】「俺にも似たような経験があって…」とすぐに自分の話にすり替える
「一言くらい感想を言ってから、自分の話を始めてほしい」(20代女性)というように、相づちもそこそこに話の主導権を奪ったら、「私の話をスルーした」とムッとされそうです。話好きな人は、うっかり話を横取りしないよう自制しましょう。

【5】「要するにこういうことだろ?」と話を遮って勝手に総括する
「知ったような顔でまとめられると腹が立つ」(20代女性)というように、話の先が読めてしまっても、口を挟まずに聞くのが正解のようです。じっと耳を傾けるだけで、「いい彼氏」と惚れ直してもらえる可能性すらあるでしょう。

【6】「見れるじゃなくて見られるが正しい」と言葉遣いをいちいち訂正する
「気分よく話してるときに中断されると、ほんとイライラする」(20代女性)というように、彼女のためを思って口にした一言が、アダとなるパターンです。どうしても正したいなら、会話が落ち着いた頃に控え目に切り出すのが賢明でしょう。

【7】「まあ、よくある話だよね」と月並みなエピソードとして片付ける
「『オチがある話しかしちゃいけないわけ?』と思わずキレた」(10代女性)というように、彼女の話がどんなに退屈でも、その思いを表に出すのはまずいでしょう。たとえフリでもたわいないおしゃべりを楽しんでみせて、いい雰囲気を保ちたいところです。

【8】「でもそれって…」と必ずと言っていいほど否定語から入る
「もっと気持ちのいい言い方があると思う」(20代女性)というように、開口一番、ネガティブな言葉を発したら、相手が不愉快になっても無理はないかもしれません。反対意見を述べるなら、むしろ感じよく切り出さないと口喧嘩に発展してしまうでしょう。

【9】「お前のそういうところがダメなんだよ」と上から目線で説教する
「普通に励ましてほしかっただけなのに、ガッカリ」(10代女性)というように、彼女の望みに反して厳しい一言を浴びせると、「女心が分かってない」と幻滅されてしまうようです。助言するにしても、優しい言い方のほうが素直に聞き入れてもらえるでしょう。

疲れていたりすると、雑な対応をしてしまいそうです。面倒な事態を引き起こさないよう「聞き上手」を心がけましょう。(安藤美穂)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/7 12:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます