ついに明かされた「新型Switch」! ニンテンドースイッチ 有機ELモデル登場

拡大画像を見る

 任天堂は、有機ELディスプレイを搭載した「Nintendo Switch(有機ELモデル)」(新型Switch)を10月8日に発売する。希望小売価格は3万7980円。本体カラーは「ホワイト」と「ネオンブルー・ネオンレッド」の二色用意した。

 新型Switchの特徴は、大きく進化した画面。新たに鮮やかな発色が可能になる7.0インチの有機ELディスプレイを搭載した。画面の縁はスリムになり、従来モデルとほぼ同じサイズながら画面の大型化を実現している。参考までに、従来モデルの「Nintendo Switch」は6.2インチ液晶、「Nintendo Switch Lite」は5.5インチ液晶を採用している。
 本体背面のスタンドも進化。ワイドになり安定感が増しただけでなく、好みの角度で固定できるフリーストップ式を採用した。見やすい角度で調整し、快適にゲームを楽しむことができる。
 付属のドックには、二つのUSB端子とテレビに接続するためのHDMI端子に加え、新たに有線LAN端子を搭載。TVモード時にさらに安定したオンラインプレイが可能になった。
 本体のストレージ容量は64GBと従来モデルから倍増。スロットも備え、別売りのmicroSDカードを利用して保存容量を拡張することもできる。このほかスピーカーも進化した。従来よりも一層、ゲームの楽しみ方が広がりそうだ。
 なお、新型のドッグは従来モデルのSwitchでも利用可能。逆に従来のドッグを新型Switchで使うこともできる。Joy-Conには変更なし。すべてのNintendo Switchソフトに対応しているが、本体や画面のサイズが異なるため、一部の「Nintendo Laboシリーズ」や、任天堂以外のソフトでゲーム体験に違いが生じる場合があるという。

関連リンク

  • 7/7 12:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます