ゴッドセレクションなど、JDD追い切り速報/栗東トレセンニュース

拡大画像を見る

 7月14日に大井競馬場、ダート2000mで行われるジャパンダートダービー。今朝7日にレースに向けた追い切りを行った馬たちの調教内容を紹介したい。

 伏竜Sを勝ち、兵庫チャンピオンシップは2着だったゴッドセレクション(栗東・今野貞一厩舎)は、レースでも騎乗予定の中井裕二騎手が跨り、1回目のハローが終了した時間帯のCWコースで単走。

 前半をゆっくり進め、1Fごとに1秒ずつラップを速めるような感覚で加速していく。ゴール前だけ軽く気合いをつけられて、時計は6F88.8〜5F72.2〜4F56.3〜3F41.7〜1F12.1秒。非常にいい雰囲気で走っていた。

 関東オークスで重賞制覇を果たしたウェルドーン(栗東・角田晃一厩舎)は、2回目のハローが終了した時間帯のCWで3頭併せ。その真ん中に位置して、後ろからはマスターフェンサーが追いかけてくる。

 最後の直線に向いて、3頭並んだ状態だったが、手応えは圧倒的にウェルドーンが優勢。最後はしっかりと抜け出してきて先着し、時計は6F81.7〜5F66.6〜4F51.9〜3F38.2〜1F12.3秒。まさに3連勝中の勢いを感じる動きだった。

 ユニコーンSで重賞制覇のスマッシャー(栗東・吉岡辰弥厩舎)は、CWでの併せ馬。かなりゆっくりとしたラップだったが、これまでの土曜日追い切りの感覚のような時計の出し方だろう。

 最後までしっかり脚をためて、時計は6F89.0〜5F71.9〜4F55.5〜3F40.3〜1F12.1秒。この動きなら距離延長も、と思える内容だった。

(取材・文:井内利彰)

関連リンク

  • 7/7 11:50
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます