甲府の20歳MF中山陸、富山へ育成型期限付き移籍「更なる成長のため」

拡大画像を見る

 ヴァンフォーレ甲府は7日、MF中山陸がカターレ富山に育成型期限付き移籍することをクラブ公式サイトで発表した。

 クラブ公式サイトでは、以下のように中山のコメントが掲載されている。

「この度カターレ富山に移籍することになりました。とても難しい決断でしたが自分自身の更なる成長のために移籍することを決めました。ひと回りもふた回りも成長して甲府に帰ってきたいと思います」

 現在20歳の中山は、SC相模原ジュニアユース出身。東海大学付属相模高等学校在学中の2018年5月に甲府への内定が決まると、その後「JFA・Jリーグ特別指定選手」として登録された。2019年には、甲府に正式入団。2020シーズンの明治安田生命J2リーグでは14試合に出場して3ゴールをマークしたが、今シーズンはここまで1試合の出場にとどまっていた。

関連リンク

  • 7/7 11:56
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます