ムロツヨシ「あれは恵梨香ジョークです!」ドラマのスタッフに呼びかける

拡大画像を見る

 俳優のムロツヨシが7日、日本テレビ系「スッキリ」で、この日からスタートする新ドラマの撮影の合間に、主演の戸田恵梨香が発した「恵梨香ジョーク」が発端で、撮影での“禁句”が生まれたエピソードを紹介した。

 番組ではこの日スタートの新ドラマ「ハコヅメ」の告知のため、主演の戸田恵梨香と永野芽郁が登場。ムロはVTRで登場した。

 ムロは永野とはドラマで父娘、戸田とも夫婦を演じたこともあり、すんなり撮影に入れたと告白。そして、戸田のイメージについて「よく笑うし、よくジョークを言う」と明るい人柄を紹介した。

 だが「クールビューティーのイメージが強すぎる」ことから誤解も生じているという。

 撮影の合間に若いスタッフが「まもなく本番です!」と言ったことに戸田は「私、まもなくって言葉、嫌い」と反応。

 ムロは「恵梨香ちゃんは、待ち時間を楽しく過ごそうという意味で(言った)」「若いスタッフさんとのコミュニケーション」「恵梨香ジョークだって、私は分かってるわけですよ」と本気で言っている訳ではないとしたが、その「恵梨香ジョーク」を「演出部、偉い人にそれが聞こえちゃったがために、もう『まもなく』って言っちゃいけないと。僕たちのいないところで言ったみたいなんですけど、今日も撮影があったんですけど『まもなく…』って(スタッフが)言ったら『まもなく』っていうな!って」となっているという。

 ムロは改めて「あれは『恵梨香ジョーク』ですよ!」と呼びかけ。スタジオの戸田も「完全にそう(ジョーク)です」と言いながらも「半分は本音ですけどね」といたずらっぽく笑っていた。

関連リンク

  • 7/7 10:26
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます