「頭取」=「とうしゅ」じゃないよ!大人なら知っておきたい《漢字の読み方》4選

難しい漢字に出会っても、大人になると知らないなんて言えないことってありますよね。そんなときに役立つ、大人なら知っておきたい難読漢字をまとめました♪大人になると今さら聞けない漢字もあるので、ぜひ、覗いてみて♡

大人なら読みたい難読漢字①頭取


知らないで読むと、とうしゅと読んでしまいそうになるので、間違わないようにしてくださいね!正解は、「とうどり」と読みます。音頭をとる人を意味していて、銀行などの取締役の首席という意味で使われることも。ドラマや映画などで登場する偉い人が、頭取を名乗っているシーンを思い浮かべてください!読み方も意味も、忘れないで覚えられそうですよね♪
(広辞苑より)

大人なら読みたい難読漢字②邂逅


1文字目から難しい漢字が使われていますが、読み方は「かいこう」です。思いがけなく出会うことや、めぐりあうことという意味があるのだとか!読み方は難しいですが、意味を知るとちょっとだけ身近に感じられますよねどこかで使う場面があるかもしれないので、頭の片隅でなんとなく覚えておいて♪
(広辞苑より)

大人なら読みたい難読漢字③獰猛


難しく見えてしまいますが、難しく捉えなくても大丈夫。「どうもう」と読み、「獰猛な動物」などといった使い方をする場面が多いです!意味は、性質が荒くたけだけしいこと。動物園のようなたくさんの動物に触れ合うシーンで、使える言葉ですね。気性の荒い動物のイメージと合わせて、覚えておくと良さそう♪
(広辞苑より)

大人なら読みたい難読漢字④永劫


こちらは無限に長い年月という意味の漢字で、読み方は「えいごう」です。なんだか読めたらかっこいい漢字ですよね♪未来永劫や永劫に消えない、などの使い方ができるそうです♪仏教や哲学の中で使われる言葉でもあります。自分の目標や生き方とリンクさせて覚えてもいいですね!
(広辞苑より)

難読漢字を楽しく覚えて!すてきな大人の仲間入り


難読漢字は、読めなくても困らないと思う人もいるかもしれません。でも、読めて損をすることもないはず!難しく考えずに、暇な時間にクイズ感覚で楽しんでみて♡大人なら知っておきたい漢字を覚えて、すてきな社会人の仲間入りをしましょう♪

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/7 7:35
  • lamire

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます