ユニクロを超えた「GUの新作」3選…1490円Tシャツはブランド品並の品質

拡大画像を見る

―[メンズファッションバイヤーMB]―

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第334回目をよろしくお願いします。

 不調気味のユニクロですが、その分、GUがカバーしています!

 今回はGUメンズの新作から「本家ユニクロを超えたんじゃ……?」と思える超おすすめアイテムを3つ紹介しましょう!

◆★ユニクロより凝った作りで1490円!
・ドルマンスリーブT(5分袖)NT+E 1490円

 正直、お店で見かけて腰抜かしました。これだけ凝った作りで1490円! そりゃ、アパレルがボコボコ潰れるわけだわ。

 光沢のある高級感たっぷりのカットソー。素材だけならブランド品と比べてもなんら遜色ありません。

 ……もちろん、ただ単に高級素材のカットソーというのならユニクロでも展開があります。この商品が「特別すごいところ」を3つに分けて解説します。

◆1.化学繊維ゼロ! コットン100%なのにこの光沢感!

 この手の格安光沢カットソーの多くは化学繊維によるものが多いですが、こちらはコットン100%。極細の糸を使って光沢をつけた素材を採用。

 化学繊維では光沢が安価で表現できるものの、どうしてもスポーティなテカりが出てしまったり、また肌が弱い人には不向きだったりと難点もあります。

 その点、このカットソーは天然繊維100%。高級感と肌触りのよさが大きな魅力です。この素材感で1000円台って驚異的!

◆2.光沢感あるドレープを活かす! ドルマンスリーブ仕様

 ユニクロのメンズでは見かけない仕様が「ドルマンスリーブ」。袖とボディの間に継ぎ目が存在せず、袖がつながった状態になっている仕様がドルマンスリーブ。

 縫い合わせがないため滑らかなドレープが損なわれることなく、光沢感がさらに強調されるのが特徴。ユニクロ製品ではなかなか見られない仕様で高級感たっぷりです。

 ドルマンスリーブは生地を「T」の字で切り抜いて作るため、実は生産効率が非常に悪い。

 通常通りであれば、「袖パーツ」と「ボディパーツ」でそれぞれ生地を切り抜くため布を無駄なく使えますが……ドルマンの場合は布地を切り抜く際に無駄な部分が出てしまうためコストがかかるのです。

 通常のTシャツより明らかに金額がかかるはずなのに、1000円台で実現できちゃってる。これはGUほんとスゴい!

◆3.ラウンドカットや首のちょい開きなど大人っぽい仕掛け満載

 通常のTシャツと異なり、裾はラウンド。

 Tシャツは平らな裾(スクエアカット)が多いですが、こちらはワイシャツなどと同様に曲線を描くラウンドカットです。そのためシャツに近い印象がプラスされ同じTシャツでも大人っぽさを感じさせてくれます。

 また、ネックも普通のクルーネックよりちょい開き気味になっており、色気も抜群。ユニクロのTシャツはグッと首が詰まったものが多く暑苦しい印象ですが、こちらは色気も清涼感もありおすすめ。

 一応、秋冬の新作ですが、半袖の薄手ですのでもちろん夏時期にガンガン使えます(色味はちょっと秋っぽいですね)。

 無地だけでなく同素材のボーダー柄もおすすめ。Tシャツに困ったらぜひ! 正直、ユニクロのカットソーよりコスパがいいですよ……。

◆★日本人と日本のトレンドに合わせた巧みなシルエット
・レギュラージーンズ+E(股下76cm) 2490円

 ユニクロのジーンズは素材は超上質!クラッシュ加工や色落ちのものなどは手間も存分にかかっており、ジーンズマニアも納得の出来。

 ……しかし、ユニクロジーンズの残念なところは「シルエット」。多くの人に販売するため、万人にウケるように作っているため、スキニーシルエットは細さが足りず、ワイドシルエットは太さが足りない。

 ストレートシルエットもあまりにも普通すぎて……。素材自体はいいものの、肝心の形がイマイチのため、そこらで歩いてる近所のおじさんのジーンズと印象はそんなに変わらない。

 ところが、GUはユニクロよりはるかに1型あたりの生産数が少なく、また日本国内の市場にまとを絞っているため、日本のトレンドに合わせたシルエット作りがとても上手。

◆素材感も安っぽさは皆無

 こちらのジーンズも普通のレギュラーシルエットかと思いきや、流行りのハイウエストになっており脚長に見える仕様。

 また、裾にかけて無理なく、きれいに細くなっており、寸胴短足の日本人体型でも体の線を広いにくく、スタイリッシュに見える。

 素材感もユニクロ並みにこだわっており、古着で見かけるヴィンテージデニムさながら! これで2000円台なら正直ユニクロより上でしょう。

◆★歩きやすく疲れにくく、かつ見た目もよくて、安い!
・ソフトアーチテープサンダル+E 1990円

 靴や小物が手薄なユニクロですが、そこをカバーすべくGUは積極的に展開しています。新作のサンダルはフィット感抜群のテープサンダル。

 これが着用するとびっくり! 足にしっかりフィットしてくれて無駄な空間が出ない。

 この手のスポーツサンダルはいろんな足の形に合う様にやや幅広で作っているものが多いですが、こちらは日本人の足にピタリと合った細身タイプ。サンダルながらスタイリッシュに感じます。

◆屈曲性が高いソールで歩きやすさも確保

 また、単にテープをつけただけでなく、肌にあたる部分には柔らかいネオプレン素材を配しており、着用感も抜群。

 巷で売ってる5000~1万円くらいのサンダルブランドのものを買うよりずっといいかも……。

 しかも、ソールの屈曲性が高く、歩行時のストレスを軽減。歩きやすく疲れにくく、かつ見た目もいいし、安い! 最強でしょ?

 以上、GU新作のおすすめ3選でした! ご参考に!

―[メンズファッションバイヤーMB]―

【MB】
ファッションバイヤー。最新刊『最速でおしゃれに見せる方法 』『最速でおしゃれに見せる方法』『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』ほか関連書籍が累計100万部を突破。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、ユーチューブ「MBチャンネル」も話題に。年間の被服費は1000万円超! (Twitterアカウント:@MBKnowerMag)

関連リンク

  • 7/7 8:54
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます