東出昌大が狙うネトフリ再起!「大人になれなかった」意味深タイトルと「ブチ金髪」

拡大画像を見る

 森山未來(36)主演のネットフリックス製作映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』に、東出昌大(33)が出演することが7月5日に発表された。主人公の同僚で親友の関口を演じるという。

 本作は2016年に出版された作家・燃え殻の同名小説が原作。キャストはすでに萩原聖人(49)の出演も告知されているほか、毎週月曜日21時頃を目安に、第7弾まで発表される予定だという。

「監督は様々な企業CM・欅坂46やサカナクションなどのMVを演出し、本作が映画監督デビュー作となる森義仁監督(39)。《エモさの裏にある文体には今の時代の村上春樹とでもいうような、映像では表現しづらい人間描写があり、そのニュアンスを大事にしたいと思いました》と話しており、期待が高まります。しかし、東出というキャスティングは思い切りましたね」(映画誌ライター)

 東出はかつては女性人気が高く、女優の杏(35)の良き夫としても支持されていたが、2020年1月に唐田えりか(23)との3年ゲス不倫が発覚。一転して好感度は地に落ちた。その後、2020年7月31日に正式に離婚したことで「ケジメはつけた」とほとぼりは冷めつつあったものの、2021年5月27日発売の『女性セブン』(小学館)が「提示した養育費が子供1人当たり1万円の計3万円」と報じたことで、ふたたび物議をかもしている。

「まさに“大人になれなかった”東出が出演するわけですね。私生活は散々ですが、今回のポスタービジュアルは非常に秀逸です。黒髪が目立つ金髪を頭頂部で雑に縛ったヘアスタイルで、タバコを持ってこちらを見つめるなんとも言えない表情など、いかにも人生にくたびれたような人物が表現されています」(前同)

■主演映画も決まっている

 まだキャラの詳細や東出本人のコメントはないがネットでは、

《ボクは夫にも父親にもなれなかったでっくんだ!》という皮肉交じりのコメントもありつつも、
《イメージのまんま過ぎて…あっぱれです》《森山未來かよ最高!と思ったら東出昌大も出るのかよ!!!!!あの役でしょ!たぶん!!まじか!》と好意的な意見も多く、おおむね受け入れられているようだ。

「ゲス不倫以降、地上波はCMはもちろんドラマにも呼ばれなくなってしまった東出ですが、映画ではこの秋に『草の響き』という主演映画がある。6月1日号の『女性自身』(光文社)によると、オファーがあったのは不倫騒動後だったそうです。ネットフリックスは、東出にとってまたとない舞台になりそうですから、今後は映画やネット配信コンテンツなどの仕事が増えるかもしれませんね」

 ネットフリックスは月額課金制のサブスクリプションサービスで、CMスポンサーが必要ないうえ、「広告は打たない」という方針をCEOのリチャード・ヘイスティング氏が明言している。「企業イメージが悪くなるからこの役者は使えない」というしがらみが、まったくないのだ。

『ボクたちはみんな大人になれなかった』原作者の燃え殻氏は、今回のキャスティングについて、

「森山未來さんを含めた最高のキャストの皆さんで観られることを、今から楽しみにしております」

 としている。「大人になれなかった」東出。もしかしたら、この作品を契機に、世界に打って出るかもしれないーー。

関連リンク

  • 7/7 7:27
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます