こじるり「お別れした」30歳まで婚活宣言 限界超え大胆告白も「付き合う前に」

拡大画像を見る

 タレントの小島瑠璃子(27)が、6日深夜放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」に出演。人気漫画「キングダム」の作者・原泰久氏(46)と破局したことを明らかにした。

 長谷川京子、フォーリンラブ・バービーとのトークで、小島は「いまホントすっきりしてるかもしれないです。前の彼とお別れしたばっかりで、久しぶりにフリーなんで。よし、じゃあまた新しい、いい出会いを探そうって」と告白した。

 そして、「(今後に)不安もなくはないけど、フリーの期間が長くても大丈夫な人なんで。不安っていうのは、彼と結婚するのかなと思ってたんで、1回振り出しに戻ってるから、そこでちょっとあるかも」と続けた。

 長谷川、バービーから「結婚を考えてたのか」と確認されると、「考えてたといっても『結婚いつかできたらいいね』ってふんわり話してたぐらいなんですけど。具体的に婚約してたとかじゃないんで」と振り返った。

 また、小島は既婚の2人に対して「結婚ってどういうときに結婚しようってことになるんですか。興味あります。メッチャ結婚願望あるんです」と質問した。理由を聞かれると、「自分のことだけ考えてる時間は飽きちゃった。自分ひとりが主役の人生じゃなくて、パートナーがいたりとか、子どもがいたりする方が面白そうだし、楽しいなと思って」と返答。「30歳までは婚活して、楽しくやろうかなと思います、30歳までに結婚できたらいいなみたいな」と“設計図”を口にした。

 大胆な恋愛観も明かした。長谷川から「脳がメンズ」と指摘されるほど“肉食”のバービーの考え方と合致。小島は「付き合う前にいたしますね。いたさないと付き合えない。怖い」と打ち明け、「人間性が出る。そういうのを見てから付き合う、付き合わないを決めたい」と説明した。

 小島と、福岡を拠点とする原氏は昨年7月に交際が報じられたが、遠距離とあってコロナ禍で会う機会も減少。19歳の年齢差によるギャップもあり、最近交際1年を迎えたのを機に2人で別れを決めたという。

関連リンク

  • 7/7 7:08
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます